疲れたココロをじんわり癒す『GenkoshaEhonシリーズ』第一弾が12/23(月)に発売

少しの元気をもらい、ちょっと癒され、やさしい気持ちになる、ちょっぴりポジティブな気持ちの絵本シリーズ『GenkoshaEhonシリーズ』が、2019年12月21日発売!
毎日なんだか忙しい!人間関係に悩んじゃう!ちょっと気持ちがくたびれたなあ・・・、ゆったりまったりした時間を持ちたいなあ・・・。
そんなとき、自分の部屋で、ダイニングテーブルで、散歩に出かけた公園で、絵本を開いてみてください。絵本を手に取ってゆっくりとめくるページに描かれる絵を眺めてみてください。ちょっぴりポジティブな気持ちの絵本シリーズ3作です。親子二世代で読めるように漢字には総ルビがついています。

mizutama初のキャラクター「ぶんとぼう」のひらめきとストーリー
「ぶんとぼう」のワクワクするかわいいてづくりアイデアもいっぱい。赤青えんぴつからうまれた、mizutama初のキャラクターの「ぶんとぼう」。大好きな小さなワクワクをたくさんつくって、読者と元気なしあわせな日々を過ごしたい!というmizutamaの願いを繋ぐキャラクターたちのストーリー。

「ぶんとぼうのひらめき文房具店 」
A4変型判 48ページ/定価:本体1,500円+税/ISBN978-4-7683-1276-6

【ストーリー】さく・え /mizutama
ある森の奥に不思議なお店がありました。お店の名前は「ひらめき文房具店」。店主はふたりのきょうだい、ぶんとぼう。ちょっと変わったご要望のお客様が次々やって来て、てんてこまいのふたり。さて、今日はどんなお客様がいらっしゃるのでしょう。
<本書をもっと詳しく> 
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=20694

カモさんのインスタグラムでお馴染みのウサギタケが絵本になりました!
イラストレーターのカモさんがインスタグラムで日々更新中のウサギタケが、ストーリー絵本になりました。カモさんが描くかわいいだけではない、美しいタッチのイラストには、何度見ても癒され、不思議な世界に引き込まれ、いつの間にか癒され、穏やかな気持ちになります。

「ウサギタケ キミとボク」
A4変型判 48ページ/定価:本体1,500円+税/ISBN978-4-7683-1277-3

【ストーリー】さく・え /カモ
「会いたいなあ、会えるかなあ・・・」「あ!見つけた!」「やっぱり! いたね!」ウサギタケとボクの出会いといっしょに過ごすゆったりとした毎日。ボクのすきなものはキミのおきにいり。巡っていく季節の中でページをめくるたびに、ウサギタケとボクのごく普通の平凡な毎日のほのぼのとしたエピソードに出会います。かみしめるとじわっと広がるしあわせな絵本の世界をお楽しみください。
<本書をもっと詳しく> 
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=20753

ウマカケバクミコ初のストーリー絵本
作者のウマカケバクミコが唱えるおまじないの言葉「ウマクイク、きっと、きっと、ウマクイク。」は、本人が生み出してきたイラストやグッズを通じて、さまざまなシーンでたくさんの人たちにそっと寄り添い、励ましてきました。本書のメッセージ「キミが前に進めなくなった時、探し物がみつからない時はそっとポケットの中をのぞいてみてよ。」をあなたに贈る、ウマカケバクミコ初のストーリー絵本です。

「よしことクマオ キミのポケットの中には。」
A4変型判 48ページ/定価:本体1,500円+税/ISBN978-4-7683-1278-0

【ストーリー】さく・え /ウマカケバクミコ
女の子はボクをぎゅーっと抱きしめたんだ、、、女の子とボクの出会い、とっても心地よいふたりの時間。ふたりは、よしことクマオ。「よし、よし、よーっし!!」のよしこ。気持ちのいい風が吹いて、「カノジョ」に笑顔の花を咲かせたふたり。引き寄せられる人のポケットに忍び込んで花の種を探す、よしことクマオ。そして、おまじないの言葉「きっと、ウマクイク!きっと、きっと、ウマクイク!」。さあ、今日は、どんな出会いがあるのかな。
<本書をもっと詳しく> 
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=20745

関連記事一覧