2020年に大ブレイクするニューフェイスは誰だ?! 「2020ヒット予測」俳優・女優トップ10発表

『モデルプレス』を運営するネットネイティブが、SNSをベースに読者アンケートを実施。さらに読者のリアルな声にモデルプレス編集部の目利きによる審査を加えて、独自にポイント化した「2020年ヒット予測」の【女優部門】【俳優部門】各トップ10、【モデル部門】14人を発表。
はたして、あなたが知っているタレントは入っているでしょうか?このランキング推しメンはいますでしょうか?

俳優部門
俳優部門の1位は、幅広い演技でカメレオン俳優ぶりを発揮する伊藤健太郎。2018年、ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)のコミカルな芝居で存在感を示し、2019年はこれまでにない役柄で新境地を開拓。俳優歴5年にして“実力派”と呼ばれるにふさわしい活躍を見せており、読者からは「ビジュアルには他に埋もれない個性が有り、和製イケメン。演技幅が広く、静から動までそれぞれの役柄を演じこなす確かな演技力もある」との声が寄せられた。朝ドラ出演を控える2020年はその人気が国民的なものへと広がりそうだ。

続く2位は、女性視聴者を虜にする王道イケメンキャラから詐欺師役まで、陰と陽を演じ分ける杉野遥亮。今年CDデビューを控えるSixTONESの松村北斗は、昨年のドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系)で難役を見事に演じ、俳優としてのポテンシャルの高さが評価され3位にランクイン。

4位には美しすぎるルックスでありながら、どんなキャラクターにも溶け込める新田真剣佑、5位には「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)のチャラいマロ役から「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK)のゲイの主人公役まで、演技の幅の広さが際立った金子大地が続いた。

女優部門
女優部門では雑誌「Seventeen」モデルとしてティーンから絶大な人気を誇る清原果耶が1位に。2019年は2度目の朝ドラ出演となった「なつぞら」(NHK)で17歳ながらに30代の母親役を違和感なく演じきり、年齢を超越した芝居で視聴者を驚かせた。ひと目で印象に残るような品のある佇まいと独特な雰囲気を持ち、ベテラン俳優に混じっても違和感のない演技力を発揮し支持された。

続く2位には若手女優の中でも抜きん出た才能を発揮する浜辺美波がランクイン。すでに数々の賞を受賞し演技面でも高い評価を受けている中、高校を卒業した2019年は女優業に本腰を入れて活躍し、映画「屍人荘の殺人」ではキュートなコメディエンヌぶりを披露。圧倒的透明感の“王道正統派ヒロイン”像から新境地を切り開き、待機作が複数控える2020年はさらに勢いが加速していく予感。

3位には映画「天気の子」でヒロインを務めた森七菜、4位には子役時代から“まいんちゃん”の愛称で親しまれてきた福原遥、5位には2018年のブレイク以降出演作が途切れない今田美桜が続いた。いずれもドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)で視聴者に大きなインパクトを与え、若手実力派女優として存在感を示した女優たちだ。

モデル部門
モデルの表現が多様化しているいま、抜きん出た支持を獲得しブレイクするきっかけは、雑誌の専属モデルやランウェイでの活躍はもちろん、メディアへの露出など様々。そしてSNS時代に共通して求められるのは、セルフプロデュース能力とブレない自分らしさを持っていることだ。
女優業に進出し新たなファン層を切り開いた鶴嶋乃愛、圧倒的なバズを生みだす恋愛リアリティーショー「オオカミちゃん」シリーズに出演したミチ、鈴木ゆうか、出演予定の岡本莉音は、今後ティーンから熱い支持を集めることだろう。
また、次世代の“アイドル兼モデル”枠として、山下美月(乃木坂46)、上國料萌衣(アンジュルム)に期待。
詳しくはこちら

「2020年ヒット予測<俳優部門>」
URL:https://mdpr.jp/news/detail/1911696

「2020年ヒット予測<女優部門>」
URL:https://mdpr.jp/news/detail/1920092

「2020年ヒット予測<モデル部門>」
URL:https://mdpr.jp/news/detail/1913756

関連記事一覧