【今日のイイもの見つけた!】まるで喫茶店のマスターがハンドドリップで淹れたような味わい。

最新のデザイン&深いコーヒーの味わい
『&Drip(アンドドリップ)』

このコーヒーメーカーをSNSなどの広告で見かけたことはありませんか?私が初めて目にした時は「何をするものだろう?」と思わずクリックして、「コーヒーメーカーもどんどん進化していくものなんだ!」と感心しました。
名前は「&Drip(アンドドリップ)」。カプセル式コーヒーメーカーとして日本コカ・コーラから発売されています。「&Drip」は2019年10月よりクラウドファンディング「Makuake」でテスト販売すると、用意していた初期生産分の400台が1週間で完売。この好評のおかげで、正式発売になったとか。

現在カプセル式コーヒーの主流はエスプレッソですが、カプセル式コーヒーメーカー「&Drip」は、日本人が昔から愛してきた「喫茶店のマスターがじっくりハンドドリップした、ブラックが美味しいコーヒー」を目指したとのこと。お店で淹れたコーヒーの美味しさを、「自宅で」「気軽に」「ワンタッチで」楽しめるマシンなんだそうです。

美味しさの秘密は、コーヒー豆を酸化から守る、バリア素材を使用した特殊カプセルと、豆の香りや旨味を余すところなく抽出する、お湯がカプセル全体に行き渡るドリップ方法です。また内部の洗浄もボタン1つ。従来のコーヒーメーカーのデザインからは一変し、まるでリビングに置かれたスピーカーのような四角い表情が、インテリアに馴染みます。

ボタンひとつのシンプルタッチ
使い方は、専用のカプセルをセットしてボタンを押すだけ。約60秒で淹れたてのドリップコーヒーが完成します。また内部の洗浄も、ボタン1つで叶うので、簡単です。さらに水タンクの代わりに、ペットボトルも使えます。水タンクに水を入れたり、水タンクを洗ったりする手間が省けて便利です。特殊カプセルに封じ込めた 香り豊かな豆
挽きたての豆とドリップ用フィルターを、酸素濃度を1%以下に保つバリア素材を使用した特殊カプセルに密封することで、豆の酸化を防ぎ、焙煎したての香りと鮮度を保ちます。湯が均一に行き渡るドリップ方式
マスターが円を描きながらじっくりと均一にお湯を注ぐハンドドリップを再現するため、カプセルの側面に溝を入れることで、カプセル全体に均一にお湯が行き渡る仕組みとなっており、コーヒー豆の香りや旨味を余すところなく抽出することができます。
さらに、理想の抽出温度と湯量のバランスを追求し、喫茶店のハンドドリップの香りと味わいを再現しました。

ペットボトル使用時/タッチボタン仕様
操作ボタンもタッチパネル式で、使わないときは隠れるようにしました。
また、給水タンクの代わりにペットボトルを直接取り付けられる仕様とすることで、給水や衛生面でもリビングにふさわしいデザインです。

&Drip(アンドドリップ)コーヒー / ティーメーカー DR01

■カラー:ダークレッド / ホワイト
■価格:13,800円(税別)
■発売日:2019年12月6日(金)
■消費電力:1,250 W
■外形寸法:幅 約 18.0 cm× 高さ 約 28.5 cm× 奥行 約 21.0 cm
■質量:約 3.6 kg
■水タンク容量:約 600 ml(水タンク最大目盛)
■使用環境温度:10℃ ~ 40℃

▼カプセル(1箱12個入り):740円(税別) ※今後ラインナップ拡充予定
■レギュラーブラック(12杯分)品名:レギュラーコーヒー、原材料名:コーヒー豆
■カフェラテ(6杯分)
コーヒーカプセル 品名:レギュラーコーヒー、原材料名:コーヒー豆
ミルクカプセル  品名:乳等を主要原料とする品、原材料名:脱脂粉乳、砂糖、香料

ご購入はこちら
&Dripブランドサイト:https://www.and-drip.jp

楽天市場:アンドドリップストア楽天市場店

Amazon: アンドドリップストア

関連記事一覧