夢に描いていたワーキングスタイルが手に入るかも。都内で見つけたワーケーション天国!

テレワークとは、「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語。情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができるワーキングスタイルのことを指します。政府が推進する働き方改革の中にも積極的に謳われている働き方の一つのようです。
殺伐とした都会から離れ、そんなワークライフバランスを重視した働き方を自然豊かな小笠原諸島で実現できたら!?
小笠原諸島は、東京都心から南に1,000キロ離れた太平洋のど真ん中にポツリポツリと点在する島群。2011年に世界自然遺産に登録された、日本が世界に誇る自然の宝庫です。

そんな自然の宝庫に、最近、パソコンやタブレットを持ち込む人が増えています。

何故? 

日中に海辺のカフェや展望台に行くと見つけることが出来ます。
短パンにアロハシャツ。そんなラフな格好でパソコンをのぞき込む人々は実はみなさん仕事中。なかにはWeb会議中の強者も・・・

なぜこのようなスタイルの働き方が可能かというと、実は小笠原諸島の父島や母島は本土と海底光ケーブルで結ばれており、データ送受信のスピードは本土並みかそれ以上なんです!このネット環境に目を付けた企業や個人事業者が昨今の「働き方改革」の波に乗って小笠原諸島でのテレワークやワーケーションを実践しているのです。
定年まで小笠原旅行はお預けと諦めているアナタ。
毎年、小笠原旅行休暇を取得するためにあくせく働いているアナタ。
ちょっとだけ視点を変えて、小笠原に遊びだけでなく仕事も一緒に持ち込んでみませんか?

本土に比べちょっぴり夜明けの早い小笠原。比較的過ごしやすい午前中に仕事を片付け午後はイルカと戯れる。サンセットを眺めながら夕食用の魚を釣り上げる。溢れんばかりの星空を眺めてパソコン操作で疲れた眼を癒す。地球上で此処にしかない大自然と向き合い心も身体もリチャージする。

「そんな非日常の時空間は、きっといままでにないクリエイティブな発想をもたらしてくれるはずです!」と小笠原村では、強くアピールし、企業の福利厚生制度を活用した長期休暇やテレワーク、ワーケーション、個人事業者のノマドワークといった「働き方改革」を応援しています。
興味のある方は、ぜひ小笠原村観光局まで問い合わせてみてください。理想の働き方がそこにあるかもしれません。

小笠原村観光局
【web】https://www.visitogasawara.com/
【e-mail】tokyo@visitogasawara.com

関連記事一覧