粋な江戸の夜を堪能。人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」

2020年3月25日~4月10日
星のや東京「東京・夜桜舟あそび」開催

江戸の町は、物資や人を運ぶための高度な水運機能を持つ「水の都」として栄えました。水路を中心に問屋や市場が生まれ、周辺には飲食店が広がり、活気にあふれた江戸の町で、人々は水辺に多くの楽しみを見出しました。四季折々の豊かな水辺の風景を舟から眺めて楽しむ「舟あそび」がその一つ。
春には、江戸の徳川将軍家が隅田川沿いに植えた桜が咲き誇り、また、幕府が庶民の行楽を奨励したことから、人々は舟から花見を楽しんだと言われています。

2020年3月25日から4月10日の期間、日本旅館「星のや東京」では、人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」を開催。人力車で舟の乗り場である日本橋桟橋へ向かい、舟で隅田川を下りながら夜桜と夜景の見所を巡ります。春のひとときを存分に楽しめるように舟の上では花見弁当とスパークリング日本酒に舌鼓を。ご希望の方には別料金で着物の貸出しと着付けのサービスも用意されています。

隅田川から東京の美しい夜景を眺め、桜を愛でる舟あそび
東京・夜桜舟あそびは、星のや東京から車で約5分の日本橋桟橋から出発し、日本橋川から隅田川に抜け、佃島沿岸や大横川沿いの桜の見所を貸切舟で巡る60分間のナイトクルーズです。春らしい淡い色合いの花見弁当とスパークリング日本酒を味わいながら、夕闇に浮かび上がる桜が都会の夜景とともに川の水面に映る、幻想的な景色を眺めることができます。
舟の上から夜桜と東京の夜景を鑑賞
貸切舟で日本橋川から隅田川へ向かい、佃島沿岸や大横川沿いなど、数ある桜の見所の中から、潮位や開花状況に合わせて、その日に見頃となっているスポットを舟で巡ります。日が暮れるにつれて、川沿いの夜桜とともにライトアップされた永代橋や東京スカイツリーなど、観光名所の夜景も楽しめます。また、舟を運航する「舟遊びみづは」のガイドが、橋や町の歴史など周囲の観光名所について紹介します。
非日常感を味わえる人力車からの花見
往路は、星のや東京から日本橋桟橋まで人力車で移動します。日本銀行などの歴史的建造物が建ち並ぶ「江戸桜通り」といった桜の見所を巡る片道約30分の道のりで、人力車の上から普段とは違った目線の高さで桜を眺めることができます。
老舗の花見弁当と花見酒
花見をしながら楽しめるように、夕食として神田明神下に店を構える老舗料亭「新開花」の花見弁当を提供します。ほんのりと桜色をした鯛の昆布〆と、黒酢を使った酢飯の入った弁当の軽やかな味わいに合わせて、口当たりの良いスパークリング日本酒を用意します。また、復路では点出しの抹茶とお茶菓子が用意されています。
春を彩る着物の貸出しと着付け
特別なひとときを着物で楽しみたい方に向け、正絹(しょうけん)着物一式の貸出しと着付けを実施します。事前に選んでいただいた着物を星のや東京の館内で着付け、ヘアメイクを行います。早めの時間から着付けをして、日中に着物で東京の桜の名所を訪ねることもできます。
(要予約/1名50,000円~)
*着物によって料金が異なります。

スケジュール例
17:30 星のや東京 出発
人力車で日本橋桟橋へ移動
18:00 日本橋桟橋から乗船
花見と食事をしながらクルーズ
19:00 日本橋桟橋にて下船
タクシーで星のや東京へ移動
19:15 星のや東京 到着

東京・夜桜舟あそび

■期間:2020年3月25日~4月10日
■時間:17:30~19:15(乗船時間60分)
■集合・解散場所:日本橋桟橋
■定員:1日1組(2~4名)
■料金:2名102,000円、3名132,000円、4名142,000円 (税・サービス料別、宿泊料別)
■含まれるもの:ナイトクルーズ(貸切)、人力車(片道)、花見弁当、スパークリング日本酒、
お茶菓子、抹茶
■予約方法:公式サイト(14日前までに予約)
https://hoshinoya.com/tokyo
■対象:星のや東京宿泊者
*状況によりスケジュール、内容が一部変更になる場合があります。
*開花状況により、桜を見られない場合があります。
*桟橋から星のや東京までの移動は料金に含まれません。

星のや東京

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数 84室
https://hoshinoya.com/

関連記事一覧