コンタクトが目の奥に入って取れなくなった?!眼科医に行った話

ソフトコンタクトレンズを使用しています。
ワンデイタイプを時々使用しているのですが、使用中に目やにが気になりいじっていたら、左目のコンタクトがずれてしましました。

鏡を観ながら、ずれたレンズをもとに戻そうとするのですがなかなかうまくいきません。
目玉に張り付いている感じで上手く動かせない状況でした。
涙を流してなんとか動かそうとするのですが、気がつくと、レンズが無い。
周りを探しても落ちていません。右目のレンズを試しに外してみますが、やはり、よくくっついて外れにくかったです。そのため左目もうっかり外れて落ちたのではなく、まだ目の中にあるのではないかと思いました。
最近のレンズは装着感が良いので、はめている感覚がありません。そのため、感覚としては無いように思うことが多いです。そのため、もしかしたら、まだ目の中にあるのかもしれないという不安を拭い去ることができませんでした。

ネットで「コンタクトが見当たらない場合」について検索しました。
可能性としては、やはり、外れてしまっているということが多いようです。中には、目の中に折り重なってまぶたの奥の方へいってしまっている可能性もあるとのことでした。確実なのは眼科にいって診察してもらうということ、と書いてありました。

コンタクトレンズが目の奥に入ることはある? | アキュビュー® 【公式】

夜中だったので、諦めて明日、仕事が終わったら眼科にいってみようと思いました。
仕事が終わりすぐに眼科に行きました。最初の問診で、「目の中にあるかもしれないレンズはまるまるすべてなのか、かけらなのか」を聞かれました。「まるまるすべてだと思います」と答えました。
診察の順番になりました。診察は至って簡単!
涙を特別な薬品で染めます。そして目を診察する機械で確認をします。私のところは写真を取ることができる機械で、診察の結果を後で見せてくれました。涙を染めることで、透明なレンズがはっきりと誰でもわかるようになるとのことです。この方法ならば、小さな破片でも発見することができるとのことでした。
ちなみに、目の中にレンズはのこっていませんでした。
薄々ですが、レンズは外れているのでは思っていました。でも不安なので来ました。精神的な落ち着きを取り戻したかったのです。
先生がおっしゃるには、レンズの破片がまぶたの奥の方へいってしまうことはあるとのこと。しかし、目玉とまぶたは繋がっているので、目玉の奥の方へいってレンズが取れなくなるということは人体の構造上ありえないとのことです。あくまでまぶたと目玉の隙間の奥の方へ堆積するということです。堆積したとしてもレンズは動いていくことが多く、排出されることが多いようです。また、まるまるのレンズがそのまま、まぶたの奥にとどまっているということは稀であるとのこと。もし、そうなった場合、違和感があることが多いし、なったとしてもレンズが移動して自然と数日のうちに出てくることがあるとのことです。
ちょっと呆れられたような対応をされた気がするのは気のせいではないと思います。
でも、安心を手に入れたかったのです。目の中にレンズは残っていないという安心を。
診療費は500円程度でした。それぐらいで安心が買えたのならば安いものではないかと思いました。
今後は、装着時の取り扱いに十分気をつけていきたいなと思いました。

 

コラムニスト GORILAX
大学院卒 学術修士。ふと、湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。

 

関連記事一覧