時代を象徴するアイコン ビリー・アイリッシュ。

グラミー賞主要4部門独占
日本国内主要デジタル配信チャートで1位を獲得!

2019年に世界で最もブレイクしたアーティストと言えば、誰もがビリー・アイリッシュの名前を挙げるだろう。

彼女は、2001年12月18日生まれの18歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。
父も母も俳優であり、幼い頃から芝居や音楽に触れる機会があったようだ。現在は、兄フィネアスと共同で音楽を制作している。

圧倒的な若者の支持を得て、2019年3月29日に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が、英米を含め全世界17ヵ国で1位を獲得。現在まで世界中で250億回以上ストリームされており、2019年に最も売れたデビュー・アルバムとなった。北米では過去10年間で最大のデビュー作品(男性、女性、またはグループ)となり、12月に発表された米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少の1位に輝いた。
彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。同楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録している。「第62回グラミー賞」で、グラミー賞史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業となった。

日本でもグラミー賞受賞後、配信サイトでチャートが上昇し始め、洋楽アーティストとしては異例のiTunesでのソング、アルバムなどで1位を獲得したほか、LINE MUSICなど主要音楽配信サイト計11サイト、21部門で1位を獲得。初の単独来日公演が2020年9月2日(火)に横浜アリーナで行われることが発表された。
アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO』のリード曲「bad guy」は、現在読売テレビ・日本テレビ系で放送中の新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌に起用され、彼女のサウンドがさらに日本に広がっていくことに!
今回、グラミー賞受賞を記念して、日本のユニバーサル ミュージックではビリー・アイリッシュ公式グッズのロングTシャツが抽選で4名様に当たるキャンペーンを実施中だ。

キャンペーンサイト
https://umusic.digital/wetcjl/

Billie Eilish
「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? – Deluxe Edition-」
2019年12月25日(水)発売
価格:¥3,080(税込)/ UICS-9161
「バッド・ガイ with ジャスティン・ビーバー」を追加収録!
日本限定スペシャル・パッケージ
(オリジナル・ポスター、ステッカー封入)ビリー・アイリッシュ日本特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/billie-eilish/

ビリー・アイリッシュLINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/billieeilishjp

ビリー・アイリッシュ公式インスタグラム(海外)
https://www.instagram.com/billieeilish/

関連記事一覧