上質のシネマタイムを提供する新映画館「kino cinéma 天神」4月28日オープン。

映画への情熱を届けてくれる映画館があります

キノフィルムズは、カンヌ映画祭に出品された作品の配給権を多数獲得したり、さらに西島秀俊と佐々木蔵之介の共演による「空母いぶき」の製作も手掛けています。今最も熱い配給会社と言えます。さらに現在は、映画館の開業にも力を注いでいます。
キノフィルムズの関連会社・キノシネマが手掛ける映画館「キノシネマ(kino cinéma)」が、横浜みなとみらい、立川高島屋S.C.館に続いて、2020年の4月28日に福岡市の繁華街天神に新映画館をオープン。

「kino cinéma 天神」 は、国体通り沿いに新たにできる商業施設「カイタックスクエアガーデ ン」の3階に開業となります。3スクリーンを備え、座席数はすべて87席の計261席。
ミニシアター、インディペンデント系、単館系のほか話題作など幅広い作品を上映していく予定です。

kino cinéma会員(年会費1000円)になると、いつでも1300円で鑑賞できるほか、火曜・木曜日は1000円で鑑賞可能、鑑賞ポイントに応じてプレゼントがもらえるなど、さまざまなうれしいサービスも用意されています。
これでもかと次から次から大作を上映する巨大シネコンが多い中で、バイヤーたちが選び抜いたクオリティの高い作品を集めた映画館では、上質の映画の時間を楽しむことができます。

kino cinéma
公式 HP:https://kinocinema.jp/

関連記事一覧