【今日のイイもの見つけた!】世界初の「担ぎ桶」スタイルの電子和太鼓がついに完成

電子ドラムの独自技術を応用
伝統的な和太鼓のさまざまな音色で演奏可能

ローランドと太鼓芸能集団「鼓童」は、電子楽器と和太鼓の可能性を探求してきました。
世界初「電子和太鼓」が2020年の夏に発売されます。

その名は『TAIKO-1』。

演奏を無線で送信し、バッテリ駆動も可能な“完全ワイヤレス化”を実現。打面を叩く位置や強さに応じて多彩な音を奏でる和太鼓特有の音色変化を、ローランドの技術によって忠実に再現しています。桶胴太鼓はもちろん、異なる種類の和太鼓や拍子木、さらには太鼓以外の打楽器の音色まで内蔵し、1台でさまざまな音色を使って演奏が可能。打面には、静粛性に優れたローランド独自のメッシュ素材の採用し、音の大きさを気にせず練習することができます。

また、本体を分解してコンパクトに収納でき、持ち運びもスムーズです。充電式ニッケル水素電池(単3形×8本)での駆動にも対応し、演奏しながら自由な動きのパフォーマンスを叶えます。

製品プロモーション動画

太鼓ならではの幅広い音色変化と自然な演奏感

和太鼓は、打面の端の繊細な音、中心を少し外した伸びやかな音、中心を叩いたときの力強い音など、ひとつの打面から多彩な音を奏でることができます。『TAIKO-1』は、叩く強さによって音が変化するのはもちろん、打点位置検出機能の搭載によって、叩く位置の違いで音が変わります。また、専用に開発されたローランド独自の3層メッシュ・ヘッドを打面に採用し、自然な叩き心地と高い静粛性を実現しました。

1台でさまざまな種類の和太鼓を演奏
和太鼓の大きさや形には多くの種類があり、それぞれ異なる個性や魅力を持っています。『TAIKO-1』は、桶胴太鼓はもちろん、代表的な和太鼓である長胴太鼓、胴の浅い締太鼓、さらには大太鼓など、さまざまな種類の太鼓の音で演奏が可能。また、竹バチや雪バチなどバチの違いや、複数人が同時に叩いた太鼓の音、チャッパや拍子木といった鳴り物や掛け声、太鼓以外の打楽器や効果音も内蔵しています。
場所や時間を選ばず一人でも和太鼓の練習が可能
『TAIKO-1』の打面は専用のメッシュ・ヘッドで静粛性が高く、自宅でも太鼓の練習が可能です。また、テンポ感を養うために必要なメトロノームはもちえろん、和太鼓の練習に欠かせない「地打ち」フレーズも収録。「地打ち」を鳴らしながら、ソロ・パフォーマンスをすることもできます。『TAIKO-1』にはBluetooth(R)機能を搭載し、スマートフォンと無線接続すれば、好きな曲に合わせて演奏することも可能。発表会やイベントで演奏する曲の練習にも便利です。
『TAIKO-1』
価格:オープン価格
発売日:2020年夏
初年度販売予定台数(国内/海外計):1,000台●外形寸法:430(幅)×430(奥行)×521(高さ)mm
●質量  :4.5kg
●電源  :AC アダプター(付属)もしくは、充電式ニッケル水素電池(単3形×8本)

製品の詳細
https://www.roland.com/jp/promos/roland_taiko/
https://www.roland.com/jp/products/taiko-1/

太鼓芸能集団 鼓童

佐渡島を拠点に太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる太鼓芸能集団です。1981年、ベルリン芸術祭でのデビュー以来、50の国と地域で6,500回を越える公演を行っています。なかでも、多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」をテーマとした「ワン・アース・ツアー」は、世界各地で4,000回を数えます。また、劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」、ワールド・ミュージック、クラシック、ジャズ、ロックやダンス・パフォーマンスなど異なるジャンルのアーティストとの共演や、世界の主要な国際芸術祭、映画音楽等への参加など、幅広い活動を行っています。

関連記事一覧