不倫・東出昌大、鈴木杏樹への大バッシングが生まれたわけは、脳の仕組みにある?

誰もが陥る「正義中毒」の罠、とは。

バッシングが過熱する一方の俳優・東出昌大さんと女優・唐田えりかさんの不倫騒動。妻が妊娠中だったことや、女性側の匂わせ、不倫期間などの要素も加わり、かなり激しい批判を浴びています。また、新たに鈴木杏樹さんのニュースも加わり、世間を賑わせています。
ではそもそもなぜ、不倫はここまで叩かれてしまうのでしょうか。
もちろん法律上、許されないことであり、「された側」の家族や関係者が深く傷つくのは確かです。もし自分や自分の身近な人が、何らかの被害を受けたのであれば、憤りや怒りが湧くのは当然でしょう。
ですが、今回のような著名人の場合、バッシングをしているほとんどの人は、当事者である二人とは何の関係もなく、直接迷惑をかけられたり、被害を受けたりしている訳ではありません。
それなのになぜ、強い怒りが湧き上がり、叩かずにはいられなくなってしまうのか。
脳科学者の中野信子先生は、その理由は「脳」にあるといいます。

人の脳は、裏切り者や社会のルールから外れた人といった、わかりやすい攻撃対象を見つけ、罰することに快感を覚えるようにできています。
他人に「正義の制裁」を加えると、脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質であるドーパミンが放出されます。この快楽にはまってしまうと、簡単には抜け出せなくなってしまい、決して人を許せなくなってしまうのだそうです。
中野先生はこの状態を、正義に溺れてしまった中毒状態、いわば「正義中毒」と呼んでいます。

昨今の過激な不倫叩き、不謹慎狩りや炎上騒動などに見られる「許せない」の暴走は、このような脳の構造により、引き起こされているものと考えられるのです。
正義中毒は、どこの国のどんな人でもなり得るものですが、日本人は特に社会性が高く、集団主義を重んじるため、「ルールを守らない人」を排除する傾向が強いといえるでしょう。そんな正義中毒から抜け出すカギは、脳の「メタ認知」という機能。
メタ認知とは、自分自身を客観的に認知する能力のことです。何かを「許せない!」と思ってしまったときは、その感情を増幅させてしまう前にひと呼吸置いて、「自分は今、中毒症状が強くなっているな」と判断するようにします。

そのようにして自身を客観的に捉えられるようになれば、正義中毒から抜け出し、誰かに必要以上の怒りや憎しみを抱くことなく、穏やかに生きることにつながるでしょう。

人は、なぜ他人を許せないのか?
著者:中野信子

出版社: アスコム
価格:1320円

AMAZON STORE

中野信子
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンに博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。現在、東日本国際大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連記事一覧