星のや京都 優雅に泳ぐ金魚を愛でる夏の夜

Salon&Bar蔵を「金魚Bar」にリニューアル
期間:2020年7月1日〜8月31日

古くから人々が金魚の美を楽しむために趣向を凝らしてきたことから、金魚は日本の伝統工芸とも表現されます。金魚が優雅に泳ぐ姿に涼を見出してきた日本の風習にならい、「星のや京都」の金魚Barをガラスの金魚玉で飾りつけます。
日本では、昔から金魚を眺めるための入れ物を工夫したり金魚の種類を増やしたりと、金魚の美を楽しむために趣向を凝らしてきました。星のや京都が位置する嵐山は平安時代の貴族たちに避暑地として親しまれた場所です。星のや京都の金魚Barでは、古くより創意工夫をして夏の暑さのなかに涼を見出してきた京都の人々にならい、金魚を愛でることで涼を味わい、奥嵐山の夏の夜を心地よく楽しむ空間が用意されています。

生きた伝統工芸、金魚を愛でる


金魚が入ったガラス玉を天井から吊り下げ、提灯のやわらかな灯りに照らされた金魚がまるで宙を舞うように泳ぎます。かわいらしい丸みを帯びた金魚は上から、可憐(かれん)な長い尾びれをもつ金魚は横から眺めて楽しめるよう、視線に合わせて金魚玉を吊るします。キラキラと金魚玉に反射する光を受けて、涼しげな水の中を優雅に泳ぐ金魚を心ゆくまで眺められます。

金魚を眺めながら楽しむオリジナルカクテル
金魚Barでは、2種類のオリジナルカクテル、「浮草」と「京鹿子」を提供。「浮草」は、木の芽とミントのクラッシュゼリーに、レモンのリキュールとスパークリングワインを加えており、柑橘(かんきつ)やハーブの爽やかな香りのあとに、ワインの香りが広がります。また「京鹿子」は、ヨーグルトのグラニテ*2にいちご、赤紫蘇(あかしそ)のリキュールを合わせ、発泡純米酒である「吃驚(びっくり)仰天」を注ぎます。紫蘇(しそ)や日本酒といった和の味わいがアクセントです。色どり豊かなカクテルを片手に金魚を眺めながら、夏の夜のひとときを過ごせます。
*2:シャンパーニュや果物の果汁をシャーベット状に凍らせたもの。
童心に帰ってあそぶ「金魚の影すくい」
金魚Barには金魚が泳ぐ影であそぶ「金魚の影すくい」を用意。水槽の上には和紙が張られ、水槽で泳ぐ金魚の影が柔らかい灯りによって映し出される仕掛けです。童心に帰って夏の風物詩である金魚すくいを楽しみながら、和紙に映し出される水の波紋や優雅に泳ぐ金魚の影を眺めてゆったりとした時の流れを感じることができます。

星のや京都
〒616-0007
京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室
https://hoshinoya.com/

関連記事一覧