全長約3mの灯篭「金魚ねぷた」が登場 青森屋「しがっこ金魚まつり」

青森の夏を満喫する「金魚ねぷた」
開催期間:2020年6月1日~8月31日

金魚ねぷたとは、江戸時代、津軽藩士のみが飼うことができた大変高価な金魚「津軽錦(つがるにしき)」を模して作った灯篭です。背びれがなく、尾びれが長く大きい津軽錦が赤い球体と尾びれで表現されています。昔は、ねぶたの季節になると、名家の玄関に金魚ねぷたを飾り、その下に水を入れた、たらいを置いて水に映るさまを鑑賞したといわれています。その名残から今では青森の夏祭りの装飾には欠かせないものとなりました。
青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2020年6月1日から8月31日までの期間中、「しがっこ金魚まつり」を開催。期間中は青森屋の館内が金魚ねぷたで彩られ、夏祭り一色に染まります。450個以上の金魚ねぷたで彩る「金魚ねぷた灯篭回廊」や高さ約3mの「巨大金魚ねぷた」などを実施。今年は、金魚をテーマにした空間で楽しめる「金魚ねぷた女子会」をさらにパワーアップし、ここでしか体験できない青森屋ならではのイベントが楽しめます。

「金魚ねぷた女子会」

女子会専用の貸切空間を1日1組限定で利用できます。周りを気にせず盛り上がることができ、金魚をモチーフにしたスイーツを食べながら、心ゆくまで満喫できます。
■場所:ヨッテマレ酒場
■時間:19:00~24:00
■料金:1名 3,150円(税別)
■含まれるもの:貸切利用料、金魚すくいスイーツ、ドリンク
■予約:公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/)にて5日前までに受付
■定員:1日1組(6名まで)
■備考:仕入れ状況により、料理内容が変更になる場合があります。

お部屋で金魚を愛でる日本唯一の「貸し金魚」

色とりどりの金魚が入った金魚鉢の中からお好きな金魚鉢を選べます。客室では、ゆらゆらと水の中で優雅に泳ぐ金魚を眺めながら、涼を感じるひと時を過ごせます。
■場所:じゃわめぐ広場
■時間:15:00~18:00
■料金:一式 500円(税別)
■含まれるもの:金魚(2~3匹)、金魚鉢、エアーポンプ
■備考:状況により、中止になる場合があります。

ひんやり涼を感じる3種類の金魚メニュー

冷たいトマトスープをかけて仕上げる「冷(しゃ)っこい(*青森の方言で冷たいという意味)金魚ねぷたラーメン」。地酒を使用したクラッシュゼリーにカシス味とりんご味の金魚型のゼリーが入った「大人の金魚鉢ゼリー」。カシスシャーベット、りんご、飴細工を使用し、桶の中で泳ぐ金魚ねぷたを表現した「金魚ねぷたアイス」。金魚にちなんだ涼を感じるメニューを提供します。
■場所:ヨッテマレ酒場
■時間:12:00~15:00(ラストオーダー14:30)
19:00~24:00(ラストオーダー23:00)
■料金:冷っこい金魚ねぷたラーメン1,500円 大人の金魚鉢ゼリー1,200円
金魚ねぷたアイス900円(すべて税別)
■備考1:「大人の金魚鉢ゼリー」は、19:00~24:00のみ提供です。
■備考2:仕入れ状況により、料理内容が一部変更になる場合があります。

全長約3m「巨大金魚ねぷた」

祭りの雰囲気漂うじゃわめぐ広場に、全長約3mある赤色と黒色の金魚ねぷた灯篭を設置します。イベント期間中は、いつでも自由に撮影を楽しむことができます。
■場所:じゃわめぐ広場
■時間:終日
「しがっこ金魚まつり」

■期間:2020年6月1日~8月31日
■対象:宿泊者限定
■料金:入場無料
■時間:終日
■備考:プログラムごとに、時間が異なります。

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。
〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室

URL : https://noresoreaomoriya.jp/

関連記事一覧