“美とアートに触れる”京町家宿『京の温所(おんどころ) 丸太町』が2020年4月25日オープン

現代生活に寄り添った
“住まい”へとリノベーション

2020年4月25日(土)に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所 丸太町(まるたまち)』を京都・御所南エリアにオープンします。ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の7軒目となる『京の温所 丸太町』は、最大4名まで泊まることができる一棟貸しの宿で、肌や髪にやさしい人工炭酸泉のお風呂や軟水シャワー、広々としたメイクアップコーナー(洗面)を備えた女性のグループ旅行にオススメの宿です。

市内観光にも便利で、伝統的な景観が色濃く残っているエリアにある明治時代(推定)に建てられた京町家を、建てられた時代のままの雰囲気を残しながら、現代生活に寄り添った“住まい”へとリノベーション。2階のベッドルームと和室をつなぐラウンジスペースには「トラフ建築設計事務所」がデザインしたユニークな丸型ソファを設置。襖を開けるとひと続きの部屋のようになり、旅の時間と空間を仲間と共有することができる設計になっています。

丸い形のヒノキ風呂は、湯上り後もポカポカと温かさが続く人工炭酸泉(※1)で、シャンプーなどのアメニティは女性に人気のブランド「THREE」をご用意。メイクアップコーナーは4人が並んで使える広さで、透明感のある肌色に見えるミラーや照明にもこだわりました。

『京の温所 丸太町(まるたまち)』
京都府京都市中京区車屋通夷川上る少将井御旅町341-2
<アクセス>京都市営地下鉄 丸太町駅 徒歩2分
<開業日>2020年4月25日(土)
<延床面積>94平米
<間取り>
1階 カフェスペース、アイランドキッチン、和室(掘りごたつ式)、メイクアップコーナー(洗面)、
お風呂(人工炭酸泉)、トイレ、庭
2階 ラウンジスペース、ベッドルーム、和室
<料金>一泊30,000円~(税込、人数と時期により変動)
<定員>最大4名
<予約開始日>3月27日(金)
<チェックイン>16:00から(ワコール新京都ビルでのフロント受付は10:00~17:00)
<チェックアウト>11:00まで
URL https://www.kyo-ondokoro.kyoto/

※「京の温所(おんどころ)(Kyo no Ondokoro)」は、株式会社ワコールの登録商標です。

関連記事一覧