G circuit SONGKRAN 2020中止 購入チケットの取り扱いについて

新型コロナウィルスCOVID-19の影響で、タイ王国で開催予定の「G circuit SONGKRAN 2020」が中止になってしまいました。

既に超早割チケットSuper Early Birdチケットは完売し、早割チケットEarly Birdの販売の最中での中止告知でした。

2020年3月8日現在の状況として、タイへ入国して自由に行動ができる外国人はかなり少ない状況です。つまり、強行的に開催したとしてもイベントに参加できる人はほぼ国内の人に限定されてしまうような状況です。
G circuit SONGKRANはタイで開催される国際的なゲイクラブイベントですが、参加者の多くは中華系の人です。中国、台湾、香港などからの参加者が多いため、彼らがタイに入国できない、入国しても自由に活動できない状況であるならば、イベントの参加者は少なくなってしまいます。

事前販売のチケット、超早割チケットSuper Early Birdや早割チケットEarly Birdの購入ルールとして、チケットのキャンセルや返金は応じないということを承諾することがあります。そのため、購入者側からチケットのキャンセルをして、返金されるということはできない状況でした。もし、仮にも無理矢理にでも開催してしまった場合、チケット代はパーになります。

中止告知がされる前に私はホテルと航空券のキャンセルをして、払い戻し手続きの申請ができたのですが、このイベントのチケットだけは諦めるしかないなと思いました。大きな会場を数件借りることになるし、様々なコストを既に支払っている可能性があります。もちろん、今年行けないからお金が帰ってきて欲しいという思いはありますが、大事なのは来年もイベントを開催し続けてくれることだと思います。そのための支援として払産んだと納得することにしました。

そんな中での今回の中止告知でした。
中止に際して、チケットの取り扱いについてのアナウンスがありました。
チケット購入者は2つの方法から選択することができます。
※2020年3月8日現在の情報です。画像はサイトからhttps://www.gcircuit.com/

① チケットを払い戻す。
だいたい払い戻しには45日〜90日ぐらい。サイトに記載しているメールアドレスから申請をするようです。https://www.gcircuit.com/

②チケットを2021開催のイベントまで保管しておく。

来年の開催までチケットを保管して使用ができるようです。
その際に、500バーツ分のドリンクチケットが付与されるとのこと。

返金申請の締切日はサイトには2020年3月8日の時点では書いてないので、ちょっとゆっくり考えてもいいのかなと思います。私は来年も行く気満々なのでもちろんチケットはキープして持っておこうと思います。
なんとかこの危機を乗り越えて来年こそは素晴らしい「G circuit SONGKRAN 2021」が開催されればと切に願います。

 

コラムニスト GORILAX
大学院卒 学術修士。ふと、湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。

 

GORILAX
コラムニスト ふと湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。社会学、文化人類学の視点からもアプローチしていきます。