【いいもの見つけた!】マスクを衛生的に管理するケース「真救(ますく)キーパー」

倉敷発鞄小物ブランドamorph(アモルフ)が
マスク管理ツールを全国へ発売

新型コロナウイルスの影響を受けて続くマスク不足を補っていこうと、現在、さまざまな企業が本来とは別の業務にもかかわらずマスクの製造や販売に力を注ぎ、ようやく市場に現れるようになりました。感染防止のためにも、今後もさらに需要が高まっていくでしょう。

コンサートなどに装着するリストバンドの製造・販売を行う「BAND-YA.COM」が使い捨て不織布3層マスクの販売を始めたことは、当マガジンでも紹介しました。

2020年4月16日掲載
「マスク不足の現状を受け緊急入荷!」

使い捨て不織布3層マスク オンラインショップ
https://canb.jp/?mode=cate&cbid=2598552&csid=0

マスクを手に入れたら、衛生的に管理することも忘れずに!
倉敷に本社をおくアモルフ㈱は、文具を中心とした鞄小物ブランド「amorph(アモルフ)」 を展開しています。2020年4月6日にマスクを管理しマスクを衛生的に使用することを支援するマスク入れ、「真救(ますく)キーパー」を着想し、4月8日に発売。
発売するや否や地元岡山やネット上で話題になり、好評を博し、4月21日本日より量産を開始し、国内のマスク需要供給のバランスの緩和を目指し、約9000個の在庫を確保。全国の方へ発送をしていきます。

https://amorph.co.jp

【「真救(ますく)キーパー」の特徴】
1)中性洗剤で洗える
2)撥水性のため、すぐ乾く
3)熱に強い生地で、丈夫な素材
4)あて布をしてアイロンができる
5)すぐに再利用できる
【「真救(ますく)キーパー」の仕様】
サイズ:185mm×110mm 厚さ1.5mm
対応マスク:横185mm以下、縦110mm以下
カラー:9色
(ピンク/ブルー/ベージュ/エンジ/グリーン/パープル/ネイビー/ブラウン/ブラック)
素材:再生ポリエステル100%

「真救(ますく)キーパー」ユーザーの声

【amorph(アモルフ)について】
代表佐藤が、前職の高校講師時代に、大切な手帳を守る「鍵穴付き手帳ケース」を開発したのが始まり。2016年4月創業。木とマグネットの閉じ口を特徴とする鞄小物を製造販売する。主力商品は、ロールペンケースとブックカバー。2020年2月には「文房具屋さん大賞2020」のペンケース部門で第6位入選。異分野の職人とのコラボを得意とし、時代の半歩先いくブランドを目指す。「amorph」はギリシャ語で「不定形の」「決まった形をもたない」などの形容詞。マスクが注目される中、その管理ツールの必要性に気付き、マスク入れ「真救(ますく)キーパー」を開発する。

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。