ごみを見る万華鏡「REF(レフ)」4月21日(火)販売

震災をきっかけに設立したBRIDGE KUMAMOTOの
新しい社会課題解決への挑戦

毎日無意識に生み出してしまうごみは、鼻を突く悪臭と、海をも覆い隠すほどの<ごみの山>となっています。その想像を超える光景に直面した私たちは、【無数のごみを無数の花】に変えたくて、ごみを見る万華鏡「REF(レフ)」が誕生しました。自分たちが捨てたごみを見て美しいと感じる。そんなアイロニックな万華鏡で、身近なごみをみてみませんか?

パルコと株式会社CAMPFIREのクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」が、「無数のごみを無数の花に変える」をコンセプトにした【ごみを見る万華鏡「REF (レフ)」】を4月21日(火)から販売開始しました。
ごみを見る万華鏡「REF(レフ)」は、2016年4月の熊本地震をきっかけに熊本クリエイターの佐藤 かつあき氏を中心に設立された「BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)」により誕生。BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)はこれまで熊本地震の被災地のブルーシートを回収して、裁断・洗浄して、トートバッグに 生まれ変わらせる「BLUE SEED BAG(ブルーシードバッグ)」や阿蘇大橋再建の願いを込めた、あやとり紐「BRIDGE AYATORI(ブリッジアヤトリ)」など熊本復興プロジェクトを手がけてきました。
熊本地震から4年が経過し、ごみを見る万華鏡「REF(レフ)」は、BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)の第3弾となる新たな「社会課題解決への挑戦」として、ごみを鑑賞の対象物として再利用することで、日常の身近なごみ問題に目を向けるための商品として開発されました。万華鏡「REF(レフ)」の売上の10%は、ごみ問題等の環境保護活動に還元されます。万華鏡「REF(レフ)」1個あたりの還元額は、国民一人あたりの約1週間分のごみ処理費用に相当します。

ごみを見る万華鏡「REF(レフ)」

https://camp-fire.jp/projects/255687
販売期間:2020年4月21日(火)12時~2020年5月20日(水)
販売:BRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)
http://bridgekumamoto.com/
製品情報
価格:2,880円(税込み・送料込み)
サイズ :長さ16cm、直径約3.6cm/重さ :約55g/筐体、蓋 :再生プラスチック/内側 :アクリルミラー3枚、アクリル板2枚/のぞくもの:再生プラスチック、ごみたち/パッケージ:再生紙

1)身近な「ごみ」を風景と一緒に見ることができます。
クリアのアクリル板だから「ごみ」と一緒に風景も見えるし、「ごみ」も自分で入れ替えが可能なので、『REF(レフ)』がつくりだす景色は無限大。

2)環境に配慮したアイテムです。
41%が再生プラスチックを使用し、のぞく対象も「ごみ」。パッケージは再生紙が使われています。 華美な装飾を避け、極力インクなども使わないようエンボス加工で表記するなどの配慮をしています。

3)無駄のないスタイリッシュなアイテムです。
手触りが良くなるようなシボ加工が施されていたり、Made in Japan の表記をしています。
そのほかの商品
<限定20口>
【あやとり紐BRIDGE AYATORI】1,440円
~BRIDGE KUMAMOTOの想い~
熊本地震で阿蘇大橋が無くなって
本物の橋をかけることはできないけれど
創造の橋をかけることはできる

あやとりがやりやすく結び目が無くBRIDGE AYATORIのロゴが入っているあやとり。
あやとりしない時は、手首に巻くとちょっとしたアクセサリーにもなります。
※全長:160cm 直径:3mm 素材:ナイロン糸100%

<限定30口>
【BRIDGE KUMAMOTO「BLUE SEED BAG(ブルーシードバッグ)】
~BRIDGE KUMAMOTOの想い~
ブルーシートをブルーシード(復興のたね)に

熊本地震の被災地のブルーシートを回収して、裁断・洗浄して、トートバッグに生まれ変わらせるプロジェクトです。
被災地で使われていたブルーシートを使ったBRIDGE KUMAMOTOの「ブルーシードバッグ」をお届けします。ブルーシードバッグは、1点1点手作りです。今回は30個限定となります。

※バッグサイズ:高さ30cm×幅33cm×奥行き約15cm ※内側:内布、裏地あり

https://camp-fire.jp/projects/255687

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。