インターネット上にオープンした仮設の映画館。各地の映画館と作品が続々と賛同・参加。

コロナが収束したら映画館へ行こう!

2020年、4月25日(土)に開館した映画館があります。
こんなコロナ禍の中なぜ?と思うかもしれませんが、だからこそオープンした映画館です。

その名は「仮設の映画館」

インターネット上に映画館が生まれました。

「動画サービスなら使ってるよ」という声が上がってきそうですが、
この映画館は、これから封切りされる新作映画を上映する場所であり、もしかするとあなたの知ってるあの映画館がここにあるかも知れない、昔通った映画館があるかも知れないのです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令され、3密の要因となることから映画館は今後も自粛を強いられているところが少なくありません。特にミニシアターなどは、スペースの関係上、開館が難しい問題となっています。

そこで映画の窮地を救おうと、ネット上に開設されたのが「仮設の映画館」なのです。
鑑賞料は一律1,500〜1,800円。プラットフォームの使用量を差し引いたのち、一般的な興行収入と同様に、劇場と配給とで5:5で分配。さらに配給会社と製作者とで分配されます。

観たい映画を上映するのは、一つではありません。この企画に各地に映画館が賛同し、あなたは行きたい映画館で映画を観ることができるのです。鑑賞料金は、選ばれた映画館に分配される仕組みになっています。
現在、「仮設の映画館」に賛同・参加する劇場や配給会社が増え、立ち上げのきっかけとなった映画『精神0』に加えて、多くの作品の配信が次々に決定しています。

©︎Temporary Cinema
通常の映画館と同様に「マナーCM」も製作されました。制作は、映画の宣伝美術や予告編制作などを数多く 手掛ける restafilms。ナレーション(場内アナウンス)は渋谷のミニシアター、ユー ロスペースの岡崎真紀子氏が担当。打合せから撮影、編集まで全て「テレワーク による協働作業」で制作 されました。また、「仮設の映画館」のロゴは、この試みに賛同した映画の宣伝美術を数多く手がけるグラフィック・デザイナー、成瀬慧氏からの贈り物。鑑賞マナーを伝えると、「ご来場のみなさまにお願いがあります。この状況が改善された際には本物の映画館に足を運んでほしい」と呼びかけています。
この春、この夏、上映を控えていた映画がいっぱいありました。そして映画を楽しみにしていた人がいっぱいいました。多くの映画が、上映延期となり、また、製作をするはずだった映画も撮影の延期を余儀なくされました。一刻も早く、この状況が収束し、再び大きなスクリーンで映画が鑑賞できる日が来ることを願うばかりです。
●賛同・参加劇場

【関東】〔東京〕シアター・イメージフォーラム、ユーロスペース、ポレポレ東中野、岩波 ホール、ケイズシネマ、ユジク阿佐ヶ谷、シネマ・チュプキ・タバタ〔神奈川〕横浜 シネ マ・ジャック&ベティ、横浜シネマリン、あつぎのえいがかん kiki、CINEMA AMIGO、〔埼 玉〕川越スカラ座、〔千葉〕キネマ旬報シアター、〔群馬〕シネマテークたかさき、前橋シ ネマハウス 【北海道・東北】〔北海道〕シアターキノ、〔青森〕フォーラム八戸、〔岩手〕フォーラム盛 岡、〔山形〕フォーラム山形、〔宮城〕フォーラム仙台、〔福島〕フォーラム福島、まちポレ いわき 【中部】〔新潟〕シネ・ウインド、高田世界館、〔石川〕シネモンド、〔富山〕ほとり座、 〔静岡〕浜松 シネマイーラ、〔長野〕長野ロキシー、松本 CINEMA セレクト、上田映劇、 〔愛知〕名古屋シネマテーク、名演小劇場、シネマスコーレ 【近畿】〔大阪〕第七藝術劇場、シネ・ヌーヴォ、〔京都〕京都シネマ、出町座、京都みな み会館、〔兵庫〕元町映画館、豊岡劇場、神戸アートビレッジセンター 【中国・四国】〔岡山〕シネマ・クレール、〔広島〕横川シネマ、シネマ尾道、福山駅前シ ネマモード、〔愛媛〕シネマルナティック 【九州・沖縄】〔福岡〕KBC シネマ 1・2、〔佐賀〕シアター・シエマ、〔大分〕シネマ 5、〔熊 本〕Denkikan、〔宮崎〕宮崎キネマ館、〔鹿児島〕ガーデンズシネマ、〔沖縄〕桜坂劇場、シ アタードーナツ・オキナワ ほか
(2020.5.1 現在/作品により上映劇場が異なります)

●賛同・参加配給会社

東風、ムヴィオラ、ユナイテッドピープル、シマフィルム、ノンデライコ、ニコニコフィ ルム、サンディ
(2020.5.1 現在 *今後も増えていく予定)

●「仮設の映画館」配信作品

配信開始時期は以下の通り(配信ページ準備中の作品もあり/順次更新)
『春を告げる町』配信日:4月25日(土)~(監督:島田隆一 配給:東風)
『精神0』配信日:5月2日(土)~(監督:想田和弘 配給:東風)
『巡礼の約束』配信日:5月2日(土)~(監督:ソンタルジャ 配給:ムヴィオラ)
『タレンタイム~優しい歌』配信日:5月2日(土)~(監督:ヤスミン・アフマド 配給:ムヴィオラ)
『グリーン・ライ ~エコの嘘~』配信日:5月2日(土)~(監督:ヴェルナー・ブーテ 配給:ユナイテッドピープル)
『どこへ出しても恥かしい人』配信日:5月2日(土)~(監督:佐々木育野 配給:シマフィルム)
『島にて』配信日:5月8日(土)~(監督:大宮浩一、田中圭 配給:東風)
『タゴール・ソングス』配信日:5 月上旬~(監督:佐々木美佳 配給:ノンデライコ)
『プリズン・サークル』配信日:5 月中旬~(監督:坂上香 配給:東風)
『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~』配信日:6月6日(土)~(監督:アディナ・ピンティリエ 配給:ニコニコフィルム)
(*作品により上映劇場、配信期間などは異なります。各配給会社にお問合せください)

仮設の映画館 URL

https://temporary-cinema.jp/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。