CMSやアニメーション機能などを搭載した「STUDIO 3.0」がリリース

誰もが簡単に、そして気軽にホームページを始めて、さまざまな情報を発信していけたら、いろんな人とのコミュニケーションに活用できるはずです。また、新たなビジネスにも役立ち、次のステップを踏み出せるかもしれません。そんなニーズに対応してくれるのが「STUDIO 3.0」。自由な発想で感覚的にWebサイトをデザインすることができる画期的なWebデザインツールです。

次世代のWebデザインプラットフォーム「STUDIO」を運営するSTUDIO株式会社が、6月4日(木) 付で、新たにCMSやアニメーション機能などを搭載し、さらなる進化を遂げた「STUDIO 3.0」をリリースしました。
STUDIO(https://studio.design/ja)は、作成したデザインをそのまま実際のWebサイトとして公開、運用が可能な次世代のWebデザインプラットフォームです。STUDIOを使えば、コードやテンプレートに縛られることなく、自由自在なデザインのWebサイトを作成することが可能です。
2018年4月の正式版リリース以来、革新的なサービスとして多くのファンに愛され、登録者数は7万人以上、公開サイト数は1万サイトを突破しました。

STUDIO CMS : 共同編集からレビューまで搭載した、まったく新しいCMS

STUDIO 3.0では、新たにCMS機能が搭載されました。ドキュメントづくりはもちろん、共同編集やコメント、公開まですべてが1つの場所で完結します。
CMSを搭載したSTUDIOでは、プロジェクトのダッシュボードにてコンテンツの管理が可能です。記事や画像などのコンテンツをシンプルなワークフローで発信していきましょう。
さらにCMSは、リアルタイム共同編集機能も搭載。リモートワークでも、チームでのコラボレーションを加速させます。

シンボル機能 : 共通パーツで、より効率的にデザインを作成

サイト内で何度も利用するヘッダーなどのパーツは、「シンボル」として共通パーツ化することが可能になりました。シンボル化をすることにより、変更が同期されるのでより効率的にデザインを作成することが可能です。

新しく進化したSTUDIO
https://studio.design/ja
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。