長澤まさみが社会の闇に堕ちていくシングルマザーを熱演。映画「MOTHER マザー」

実話をベースに描く、ひとつの殺害事件。母と子の衝撃の関係とは
7月3日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

「新聞記者」「宮本から君へ」など現代社会に問題視されるテーマを世に放った映画会社スターサンズと「日日是好日」「光」の大森立嗣監督がタッグを組んだ本作「マザー」。実際に起きた“少年による祖父母殺害事件”に着想を得て、母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描いていく。

刹那的に生きてきたシングルマザー秋子。男たちとゆきずりの関係をもち、実の息子・周平に異様に執着しながら従わせてきた。そんな母からの歪んだ愛に翻弄されながらも母に頼り続けた周平は、秋子からの要求に応えようともがいていく。

身内から絶縁され、社会からも孤立していく母子の絆が、17歳の周平を殺人事件へと向かわせた。

『コンフィデンスマンJP』や『50回目のファーストキス』など明るいイメージの役が多かった長澤まさみが、社会の闇の中で生きるシングルマザーの秋子を、秋子の内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲ、秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平をオーディションで抜擢された奥平大兼が初スクリーンデビューで演じる。
さらに夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花ら実力派俳優陣が脇を固めている。

73日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開 

7月3日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
MOTHER マザー

監督:大森立嗣 
脚本:大森立嗣/港岳彦 音楽:岩代太郎
出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、
夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花
配給:スターサンズ/KADOKAWA   
©︎2020「MOTHER」製作委員会

公式HPmother2020.jp  
公式Twitter: @starsands_movie #映画マザー
2020年/日本/126分/5.1ch/アメリカン・ビスタ/カラー/デジタル/PG12

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。