渓流を眺め、森のトンネルを走り抜ける 渓流オープンバスツアー

2020年10月1日~16日 奥入瀬渓流ホテルが青森県の観光を応援!

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」が、2020年10月1日~16日の期間実施する「渓流オープンバスツアー」。オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行し、森のトンネルを走り抜ける爽快感や、約3mの高さから見る渓流の絶景を存分に楽しむことができます。青森県民なら一度は来たことがある奥入瀬渓流を新たな目線で味わい、その魅力を再発見できるツアーです。
青森県では、今年4月、新型コロナウィルスの影響で発令された緊急事態宣言により、毎年の一大行事である青森ねぶた祭も中止になるほど、県内の観光が大きな打撃を受け、1月~7月の統計観光入込客数が昨年の約5割以下(*1)まで落ち込みました。
このような苦境の中で、青森県の観光を応援するために考案したのがこの企画です。東京で「スカイバス東京」を展開する日の丸自動車興業株式会社と、地元のバス会社「十和田観光電鉄株式会社」と3社提携した人気ツアー「渓流オープンバスツアー」を、県民にも気軽に地域の魅力に触れることができるよう、一日1便限定で、一般開放を実施します。

*1 青森県庁観光企画課 月例観光統計

マイクロツーリズムで地元魅力を再発見

withコロナ期の旅の在り方のひとつに自宅から車で移動できる近距離圏を訪ねる「マイクロツーリズム」というスタイルがあります。しばらくはこのスタイルが主流になるからこそ、このツアーを通して、一度は奥入瀬渓流に来たことがある県民に改めて地元の魅力を再発見してもらうことが目的。

いつも当たり前のように間近にある景色を、オープンエアの2階建てバスで案内。風に乗って聞こえてくる渓流のせせらぎや野鳥の鳴き声を楽しみながら、森の香りも感じられるのがこのツアーの特徴です。

ツアーのバスは2階建てのため、圧倒的な開放感が!約3mの目線で見える渓流は、遠くまで見渡せるため、流れの変化も一目で楽しめます。そして、背の高い樹木がつける実や花も発見できるなど、このツアーだからこそ眺められる絶景が広がり、いままで知らなかった奥入瀬渓流を深く知るきっかけになることでしょう。

年間約40万人(*2)が訪れる奥入瀬渓流は、十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園内に位置しており、国立公園の特別保護地区、天然記念物及び特別名勝に指定され、後世へ残すべき非常に価値がある場所として知られています。
新たな目線で奥入瀬渓流を感じるこのツアーの運行は、地元のバス会社、十和田観光電鉄株式会社へ委託し、地域の観光産業が一体となって、地域の魅力を発信。また、安心してツアーに参加できるよう、衛生管理と3密を回避する対策もしっかりと行っています。

「渓流オープンバスツアー(一般開放)」概要

期間:2020年10月1日~16日
場所:奥入瀬渓流(焼山~子ノ口までの区間往復走行)
時間:13:30~14:45
料金:1名2,200円(税込)
席数:26名(自由席)
最少催行人数:1名
予約:要事前予約
公式サイトhttps://www.oirase-keiryuu.jp/activity/detail.php?id=110&m=

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
客室数:187室
https://www.oirase-keiryuu.jp/
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。