京都スイーツ 焼き立てのみかさ(どら焼き)をのせた『みかさパフェ』 9月17日(木)発売

京都四条河原町にある永楽屋の喫茶室から
9月17日(木)より『みかさパフェ』が登場

毎朝焼き立ての永楽屋のどら焼き「みかさ」。そのみかさを丸々1個のせた新作パフェです。みかさには季節のフルーツとクリームを添えて、パンケーキ風に仕立てています。

グラスの中には、ほうじ茶ゼリー・豆乳のブランマンジュ・グラノーラ・九龍球(クーロンキュウ/フルーツのゼリー)・きなこアイスクリームを重ねて。さっぱり口当たりのよい味わいでまとめることで、みかさの風味を引き立てています。お好みで黒蜜をかけて食べるのですが、「どうやって食べるの?」という疑問が…。お皿に移して、アイスを乗せながら食べてもよし、どら焼きを小さく切って、グラスの中に一つにして食べるのもありかもです。
見て楽しい!食べて美味しい!新感覚の京パフェ。自由な食べ方でどうぞ!

みかさパフェ
価格: 税込1,500円
販売期間: 9月17日(木)より
※フルーツは季節により異なります。
メニューHP: http://cafe.eirakuya.co.jp/ja/menu/58/

『みかさ』とは?

関西ではどら焼きは「みかさ」と呼ばれ親しまれています。奈良の三笠山と形が似ているため、そう呼ばれるようになったとされています。
永楽屋の「みかさ」は焼き立ての風味をお届けするために、毎日朝早くから職人が心を込めて焼きます。蜂蜜を混ぜたしっとりふわふわの生地に、刻み栗入りの粒あんをたっぷりと。そして作り立てが店頭に並べられます。

みかさ

価格: 税込200円
販売期間: 通年
※東京店でのお取り扱いはございません。
※大丸梅田店は毎週土曜日の午後12時頃からの販売となります。
メニューHP: https://shop.eirakuya.co.jp/products/detail/167

【永楽屋】
1946年創業。あまいもの(京菓子)とからいもの(京佃煮)の両方を取り扱っております。
一見相対する組み合わせですが、どちらも日本人に欠かすことのできない「茶と米」に合う食の彩りです。
それぞれ、美しさにこだわった寒天菓子『琥珀』、国産原木栽培椎茸の佃煮『一と口椎茸』などの看板商品がございます。
【永楽屋 喫茶室】
京都の中心地、河原町四条に位置する永楽屋本店の2階にございます。
河原町では少なくなった木造建築に眠っていた棟高な屋根裏を吹き抜けにし、和モダンな空間に。
素材と手作りにこだわった甘味で、街の喧騒を忘れてゆっくりとおくつろぎいただけます。
また、店内にて若手伝統工芸作家の作品の展示販売も行っております。

■永楽屋 公式HP
http://www.eirakuya.co.jp/
■永楽屋喫茶室 公式HP
http://cafe.eirakuya.co.jp/
■Instagram
https://www.instagram.com/eirakuya.kyoto/
■Facebook
https://www.facebook.com/eirakuya/
■Twitter
https://twitter.com/eirakuya

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。