日本和装 新イメージキャラクターとして松田聖子が登場!

TVCM「いろんな超 いろんな聖子さん」篇を
2021年1月より全国で放映

2020年、デビュー40周年を迎え、コロナ禍の日本に希望の歌声「瑠璃色の地球2020」を届けてくれた松田聖子。歌い、踊る彼女のパフォーマンスは観る人に元気とやさしさを与えてくれます。
日本和装ホールディングスの新イメージキャラクターに松田聖子氏が起用され、2021年1月からTVCM「いろんな超 いろんな聖子さん」篇が全国でオンエア。彼女の着物姿をTVで見た人も多いことでしょう。やはりお正月にはこの華やかな着物を身に纏ったオーラで輝く松田聖子はぴったり合いますね。幅広い年代の女性にも圧倒的な支持を持ち、生き方に多くの共感と憧れを呼んでいることが起用の要因とか。今回の新CMでは。華やかなきものを身にまとった松田聖子が、軽やかでチャーミングな色々な表情を披露しています。

日本和装はきものを世界遺産へするために無料で着付け教室を運営して33年。これまでに全国20万名超の卒業生を輩出しているNo.1(※)着付け教室です。この春は「超・着付け教室」としてさらにパワーアップします。

(※)「通ってみたい着付け教室No1」「知っている着付け教室No1」をはじめとする着付け教室に対する認識に関する26項目でNo1(2020年7月 矢野経済研究所調べ)

松田聖子(歌手・女優)プロフィール

歌手としては、デビュー以来40以上の音楽賞を受賞、シングルチャート24曲連続1位という記録を持つ。近年では、「第57回 日本レコード大賞 最優秀歌唱賞」、「第59回 日本レコード大賞 企画賞」、「第32回 日本ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」、「第62回 日本レコード大賞 特別賞」等を受賞。

2014年、2015年の「NHK紅白歌合戦」では、2年連続の大トリを務めた。
2017年には、1st. JAZZ Album「SEIKO JAZZ」が、アメリカ名門JAZZレーベル“Verve Records”より日本人シンガーとして初となる全米リリース。
全米ハイレゾ最大手配信会社「HD tracks」にて、ジャズ部門では第2位、ベストセラー部門では第4位という快挙を成し遂げた。女優としても、数々の映画や国内外問わず、TVドラマに出演。主演した日本テレビドラマ「たったひとつのたからもの」は、アジアのエミー賞と言われる「アジアンテレビジョンアワード」のシングル部門においてグランプリを獲得。
映画「火垂の墓」では、第18回日本映画批評家大賞において審査員特別賞を受賞。
米国20世紀FOXの大人気ドラマ「Bones」にゲストスターとして出演。シンガポールが誇る世界的映画監督エリック・クー氏作品、シンガポール・日本・フランス合作「RAMEN TEH」(第68回ベルリン国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門 正式招待作品)に出演。
そして、2020年12月には、HBO AsiaのオリジナルTVドラマ「フォークロア」シリーズのシーズン2において、初監督を務めることが発表された。
歌手・女優として、歌、映画、テレビドラマ、CMなどあらゆるジャンルで、日本と世界において常に新しい挑戦をし続ける現在進行形のトータルアーティストである。

日本和装ホールディングス
特設サイトURL: https://www.wasou.com/lp/2021spring/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。