絵本で見たサイズのきびだんごを商品化へ!はんわり・もっちり生地で、犬・猿・雉も喜ぶ!?

岡山の老舗きびだんご屋が行ったクラファン 目標対比590%達成

創業140年を迎える老舗きびだんご屋の山脇山月堂(本社:岡山県岡山市)は、昔読んだ【桃太郎】の絵本に出てくるような手の平サイズのきびだんごを商品化するクラウドファンディング『リアルきびだんごプロジェクト』を立ち上げ、2021年1月24日に終了、目標金額を大きく上回り285名もの方々から目標対比590%もの支援を得ました。多くの要望に応え、この度「リアルきびだんご」を商品化、大福屋 山月の新しいECサイトと新店舗にて、2021年2月5日(金)より販売開始することが決定しました。

「桃太郎も、待ってましたと言うと思う。絵本で見たサイズの【リアルきびだんご】」
https://www.makuake.com/project/sangetsudo/

「リアルきびだんご」開発の背景

老舗きびだんご屋として、伝統的なきびだんごを製造販売しきた山脇山月堂。きびだんごというと、多くの人が「桃太郎」の絵本に出てくるようなまん丸で子供の手からはみ出すような大きさを想像することでしょう。

しかし、実際の伝統的なきびだんごは指でつまめる、プチトマト程の大きさなのが現実です。このガッカリを解決しようとクラウドファンディング『リアルきびだんごプロジェクト』を開始。想像と現実のギャップを解消すべく「桃太郎」への「ワクワクとした気持ち」で童心を満たし、さらにこのコロナ禍の状況で少しでも日本に活気を取り戻すために今回のプロジェクトがスタートされました。

「リアルきびだんご」の特徴

1.サイズ感
なんといってもサイズ感。既存の一口サイズきびだんごとは違い、しっかりと「絵本で見たきびだんご」として納得のサイズ感で作り上げています。
2.味わい
ただ大きくしただけでは食感や味わいのバランスが崩れてしまい、犬・猿・雉もお供をしてくれなくなってしまいます。生地のはんわり・もっちりとした食感はそのままに、餡子や茶かぶせなど、本当に美味しい物を追求しました。
3.伝統の製法技術を活かした140年目の本気
創業以来、名誉ある賞を数々受賞。天皇陛下へも献上された実績と技術を持つ老舗企業の製法技術の粋を尽くした新商品です。

「リアルきびだんご」は、大福屋 山月の新しいECサイトと新店舗にて、2021年2月5日(金)から販売開始。詳細は後日、各SNSサイトにて告知します。

■新ECサイト: http://www.dango.co.jp/daifuku/
■公式SNS
Twitter : https://twitter.com/sangetsudo
Instagram: https://www.instagram.com/kibidango.sangetsudo/?hl=ja

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。