日本初の4K UHD DLPゲーミングプロジェクター 「TK700STi」発売

約2mの距離から100インチ以上の映像投影が可能な短焦点設計

4Kプロジェクター部門で3年連続日本トップのシェアを誇り、世界No.1のDLPプロジェクターブランドであるBenQジャパン株式会社が、日本初の4K UHD解像度の、DLPゲーミングプロジェクター「TK700STi」を4月10日より発売します。

「TK700STi」は、ゲーミングプロジェクターとしては日本初の4K UHD解像度を実現し、HDR10 / HLGに対応。Rec.709カバー率96%の高色域により、最高級のビジュアルクオリティと鮮やかな質感でゲームの世界を体感することを可能にしました。また、約2mの距離から100インチ以上の4K映像を簡単に投写できる短焦点設計、高輝度3,000ルーメンで、明るい部屋や狭い部屋などのあらゆる環境でも、大画面で綺麗に投影することができます。
ゲーミングプロジェクターとして大事な応答速度も、4K 60Hz動作時に16.7ms、1080p240Hz動作時に約4.2msの低入力遅延を実現し、スムーズでシームレスな操作性を体感。また、Android TV 9.0にも対応し、Google Play Store内のゲームをはじめ、映画やスポーツ、TV番組など、5,000 以上の豊富なエンターテインメントを4Kの大画面で楽しめます。さらに、美しい映像だけではなく、立体感のあるクリアなサウンドも提供するCinemaMaster Audio+2技術の5Wスピーカーも特長のひとつです。

BenQ独自の、FPS / SPG* / RPG の3つのゲームモードを搭載し、各ゲームのジャンルにおける最適なビジュアルおよびオーディオでプレイすることができるため、これまでにないより深い没入感をもたらします。
その他、3D台形補正により、投写する際の台形の歪みを取り除くほか、デジタル回転補正によって、平行でない場所でも揺れや傾きの調整が容易で、投影の柔軟性にも優れています。


*SPGはスポーツゲームモードのことです

TK700STi

解像度:4K UHD(3840×2160)
カラー:パールホワイト
発売日:2021年4月10日
投写方式 :単板DLP方式
解像度 :4K UHD(3840 x 2160)
輝度:3000ルーメン
外形寸法(W x H x D):312 x 110 x 246mm(本体のみ)
質量:約3.1kg(本体のみ)
想定売価:オープン価格

TK700STi 関連サイト
https://www.benq.com/ja-jp/projector/home-entertainment/tk700sti.html

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。