BEAMSがビニール製ショッピングバッグを廃止、コットン製の同型バッグを販売へ

35年間愛されたBEAMSの斜めがけバッグを刷新
サステナブルシフトを進める

BEAMSが創業10周年を迎えた1986年に誕生したビニール製のショッピングバッグは、ドローコードで口を絞って斜めがけできる利便性や繰り返し使える耐久性などから多くの人々に愛され、渋カジと共に記憶に刻まれるBEAMSの代名詞的アイテムとなりました。

1986年以降、渋カジ旋風の中で定番化したショッピングバッグ

無料のショッピングバッグでありながら、インクの載せ方や組紐の編み方など細部に至るまで服作りさながらのこだわりで、繰り返し使うための工夫を凝らしたものでした。時代の流れの中でアップデートされたのはデザインや形だけでなく、廃棄時に分別しやすいようにハトメの素材を変え、石油資源への依存を軽減するために植物由来の原料を一部使用した素材に切り替えるなどの改良も重ねられました。

2021年5月1日より販売されるコットンバッグ

創業45年を迎えたBEAMSは、パンデミックからのサステナブルリカバリーを目指す世界的な気運の高まりの中にいます。年間39万枚を用意していた(*1) ビニール製のバッグを廃止することで、いずれ廃棄されるプラスチック資材の量を減らし(*2)、リユーザブルなコットン製のバッグを有償で用意することで(*3)、ファッションの買い物において都度ショッピングバッグを消費する前提を変えていこうとしています。

これまでのオレンジカラーのビニールバッグの形状を踏襲しつつ、GOTS認証を受けた100%オーガニックコットンで作った新しいショッピングバッグは、5月1日(土)より全国の店舗で、商品の購入者を対象に550円(税込)で販売されます。

1999年より続けてきたREDUCE活動では、全国のBEAMS店舗(*4)で会計の際にショッピングバッグ不要を申し出るごとに1件につき100円を、公益財団法人オイスカ「子供の森」計画へ寄付。これまでの寄付額は3000万円を超え、海外の子供たちの緑化活動や人材育成に役立てられています。コットン製ショッピングバッグの導入に合わせて、REDUCE活動は今後、このコットンバッグの売上の10%(*5)を寄付する形で継続します。
この他にも、BEAMS OUTLET各店では2020年11月より、そしてBEAMS GOLF各店では2021年1月より、ショッピングバッグを全てFSC認証紙を使用した紙製のものに切り替えました。袋本体に加え、表面のラミネート加工、取っ手部分に至るまで、石油由来の素材を紙やコットンに置き換えて、ほぼ全てのショッピングバッグがリニューアルを完了しています。

BEAMSオリジナルパッケージの紙パック水(非売品)

本社オフィスと一部店舗では2020年9月より、来客用に提供する飲料水として、オリジナルデザインの紙パック水も導入。それまで使用していた年間約6万本(*6)のPETボトルを紙パックに置き換え、非売品ながらもオリジナルデザインを施すことで、サステナブルな選択を楽しむBEAMSの姿勢を伝えています。

*1:2019年度実績 / *2:FSC認証紙製のショッピングバッグは使用継続します(無償) / *3:税込価格550円 /*4:直営店のみ / *5:コットン製ショッピングバッグの売上1枚あたり50円を公益財団法人オイスカへ寄付

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。