コニカミノルタプラネタリアTOKYO QUEEN結成50周年記念 フルドーム・ミュージックショー「QUEEN -HEAVEN-」上映

プラネタリウムで今までにないサウンドと映像体験が楽しめる!

QUEENは1970年代を代表する英ロックバンド。71年に活動をはじめ、アルバム「戦慄の王女」でデビュー。「キラー・クイーン」「ボヘミアン・ラプソディ」がビッグヒットとなり、以降メンバー全員がソングライターとして数々のヒット曲を生み出しました。20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」では、その見事なパフォーマンスで場内を圧倒。2001年にロックの殿堂入りをし、世界中にファンを持つ伝説的存在となっています。

QUEENのロゴマークには、メンバーそれぞれの星座が配されていることも興味深いところです。
2021年7月12日(月)よりコニカミノルタプラネタリアTOKYOでは、このイギリスの伝説的バンド“QUEEN”の楽曲が全編に使用されたドーム映像作品『QUEEN -HEAVEN-』の上映をスタートさせます。2019年11月にプラネタリアTOKYOで上映し、2か月間満席が続くなど、衰えることのないQUEENの人気の高さを感じさせる作品となりました。また、上映終了後も多くのファンからリクエストが届き、今回の再上映となったようです。また、2021年はQUEEN結成50周年というファンにとっても特別な年。「QUEEN」として活動を開始した日とされる7月12日から50回限定で上映。プラネタリウムならではの演出で臨場感のあるライブ体験を楽しむことができます。

「QUEEN -HEAVEN-」は、フレディ・マーキュリーの没後、2001年にQUEENのギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイ監修のもとドイツで制作された全天周映像作品です。フレディ最後の歌声といわれる「マザー・ラヴ」から「ボヘミアン・ラプソディ」へと遡る19曲。

ブライアン・メイを案内役に、本人たちの姿や当時の空気をそのままに伝える映像と光が躍動します。
360度サラウンドで響くQUEENの名曲を、今までにない映像体験で満喫できることでしょう!さらに映像に合わせたライティング演出を用いた、“フルドーム・ミュージックショー”という仕掛けもあり、まるで生ライブを見ているかのような没入感でQUEENの世界観に引き込まれます。

★『QUEEN -HEAVEN-』作品概要

期間:2021年7月12日(月)~11月24日(水)予定 
時間:約80分
鑑賞料金:2,000円 ※小学生就学前のお子様の入場はお断りしています。

※上映時間、休館日、追加上映回など、最新情報は下記WEBサイトでご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium1/summer_21_2/

『QUEEN -HEAVEN-』コラボドリンク

施設内併設のカフェ「Cafe Planetaria」ではオリジナルドリンク『WEMBLEY』を期間限定で販売します。ピンクグレープフルーツの甘酸っぱいアクセントが光る優しい味わいのミックスジュースで、フレディがウェンブリースタジアムで謳う姿を表現した見た目にも心が弾む1杯です。

※DOME1に持ち込みが可能なのは、施設内に併設されている「Cafe Planetaria」で販売している飲食物に限ります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、「Cafe Planetaria」ではアルコールを含む一部メニューの提供を見合わせております。

コニカミノルタプラネタリアTOKYO

■所在地:東京都千代田区有楽町2丁5-1 有楽町マリオン9階
■営業日:定休日なし(作品入替期間は休館)
■営業時間:10:30~22:00(最終受付は 21:00)
※土日祝のみ 22:30 まで営業。(最終受付は 21:30)
※上映時間は季節により変更する場合があります。
詳細はWEBサイトで
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/
■インフォメーション:Tel 03-6269-9952(10:00~19:00)

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。