「0」にすることでプラスされる暮らし 無印良品が再生した団地・マンション住戸を発売

MUJI HOUSE 築47年の港南台めじろ団地をリノベーション

1974年に建築された「港南台めじろ団地」。47年もの築年数のこの団地の5階にある部屋を無印良品MUJI HOUSEがリノベーションしました。近くには無印良品の大型店舗もあり、賑わいがあります。古いながらも団地内は隅々まで管理が行き届いており、バルコニーや窓辺からは四季折々の木々や草花を望むことができます。
今回のリノベーションでは、性能向上リノベーション「MUJI INFILL 0」を導入。耐震性能のある中古物件のみを対象に全住戸温熱計算をして温熱環境を確保した、広く明るく風通しの良い一室空間に設えました。

玄関には壁一面に可動棚収納を設置。下足棚としての利用はもちろん、ちょっとしたアウトドアグッズや、お子様の外遊び道具も収納することができます。 玄関から直接や洗面にもアクセスできるようにレイアウトし、リビングを通る前に手を洗ったり汚れたものをすぐに洗濯機へ放り込んだりすることもできます。 洗面室はゆったりした広さを確保しているので、朝の身支度や家事もしやすくなっています。

玄関には壁一面に可動棚収納を設置。下足棚としての利用はもちろん、ちょっとしたアウトドアグッズや、お子様の外遊び道具も収納することができます。 玄関から直接や洗面にもアクセスできるようにレイアウトし、リビングを通る前に手を洗ったり汚れたものをすぐに洗濯機へ放り込んだりすることもできます。 洗面室はゆったりした広さを確保しているので、朝の身支度や家事もしやすくなっています。

リビングダイニングは大きな窓が2か所あり、非常に明るく風通しが良い空間となっています。 対面式のキッチンから、家族の様子を見ながら料理をすることができます。 キッチンにも窓があり、外の景色を眺めながら料理をすると気持ちがよさそうです。寝室にも腰高の窓があり、リビングダイニングとの間の扉を開けることで気持ちよく空気が抜けていきます。
隣の建物との距離が離れているので、周囲の視線や気配も気にならず落ち着いて過ごすことができそうです。

2021年7月6日より「無印良品のリノベーション」Webサイトより「港南台めじろ」「車返団地」を発売・内覧受付を開始します。
https://www.muji.net/renovation/offer/
また、発売を記念してZoomウェビナーにて発表会を7月16日(金)に開催されます。

港南台めじろ
アクセス:JR根岸線・京浜東北線「港南台駅」徒歩16分
所在地:神奈川県横浜市港南区港南台6丁目
床面積:51.18㎡
築年/リノベーション完了年:1974年/2021年7月

MUJI INFILL 0
「MUJI INFILL 0(インフィル・ゼロ)」とは、無印良品が手がけるリノベーションの原点。自分らしく暮らすためのすっぴんの住空間。本当に必要なものだけを残して、暮らしの「0(原点)」をつくり、自由にパーツやアイテム、素材を「+(プラス)」していくという住まいの発想です。家づくりの0地点。それは、未来を自由に描けるキャンバスであるべきだと考えます。一見何もない空間ですがキャンバスとしての素材に目を配りました。これから何をプラスしていくのか、未来の見える器づくりをお手伝いします。

株式会社MUJI HOUSE
事業内容:無印良品の家を中心とした住空間の直営及びネットワーク事業の運営/商品企画/開発/卸しおよび販売

無印良品のリノベーションHP:https://www.muji.net/renovation/
無印良品の家HP:https://www.muji.net/ie/
無印良品の家Instagram:https://www.instagram.com/mujihouse/
無印良品の家Twitter:https://twitter.com/MUJI_house

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。