20年の時を経て、「科捜研の女」遂に映画化!!!!
シリーズ史上最難関の事件に挑む!!

科学捜査ミステリーの最高峰が、スクリーンへ!榊マリコの活躍に乞うご期待!

「科捜研の女」は、1999年の放送開始から20年以上にわたって、今もなお不動の人気を誇るテレビ朝日の科学捜査ミステリードラマです。見たことがないという方でも、モノマネ芸人たちが沢口靖子演じる榊マリコのシーンネタはご存知では?ものまねされるほど、このドラマは国民的な位置づけにあるのです。

2021年9月3日、ついに榊マリコの活躍が映画館の大型スクリーンで堪能できます。「科捜研の女 ー劇場版ー」が公開されます!

これまで数々の難事件を解明してきた京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)。榊マリコ(沢口靖子)をはじめとする“科捜研”のスペシャリストたち、捜査一課の土門刑事(内藤剛志)、解剖医の風丘教授(若村麻由美)らがスクリーンを舞台に挑むのは「世界同時多発不審死事件」。京都を皮切りに世界中に拡がる死の連鎖。シリーズ史上最難関の事件、現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを操る史上最強の敵が登場します。
この事件を科捜研のマリコたちが鑑定を開始しますが、殺人の決定的な証拠が見つからず、自殺として処理されそうになります。そんな矢先、なぜか各地で同様の転落死が相次ぎ、京都府警が再び捜査に乗り出します。必死の操作の末、浮かび上がった怪しい人物とは?!……。

主演はもちろん沢口靖子。靖子なしではこの映画は成立しません。さらにテレビ版のレギューラー人も、内藤剛志、風間トオルらがそろい、シリーズ最大の敵役となる天才科学者・加賀野亘役には佐々木蔵之介。
これはもう目が離せません。これはもう見るっきゃないです。

2009年からドラマシリーズの監督を務める兼崎涼介が劇場版でも引き続きメガホンをとりました。
スクリーンに散りばめられた謎を解かなければ、死の連鎖は止められない。究極の決断を迫られた榊マリコが最後にとった行動とは――いま、衝撃の“最終実験”が、はじまる。

「科捜研の女 ー劇場版ー」

キャスト・スタッフ
出演:沢口靖子 若村麻由美 風間トオル 斉藤暁 渡部秀 山本ひかる 石井一彰
西田健 金田明夫 内藤剛志
脚本:櫻井武晴 音楽:川井憲次
監督:兼﨑涼介
©️2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会
公式サイト https://kasouken-movie.com/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。