数々の伝説を残した選りすぐりの角川映画31作品を11/19(金)より一挙連続上映『角川映画祭』開催決定!

日本映画史に残る傑作 巨匠・市川崑監督作品『犬神家の一族』4Kデジタル修復版を初披露

1976年、低迷していた日本映画界の救世主として登場した角川映画は今で言うメディアミックスの手法で、映画と本、TVCMなレコード(映画主題歌)を連携させて、次々にヒット作を連発し映画界を復活させました。
誕生から45年を記念し、角川映画第1弾として巨匠・市川崑監督がメガホンを撮った『犬神家の一族』の4Kデジタル修復版をはじめ、深作欣二、大林宣彦などベテランから、当時まだ新人監督だった相米慎二や森田芳光など、現在の映画界に多大な影響を与えたクリエイターたちがつくり上げた作品をラインナップした「角川映画祭」を11月19日から開催。角川映画の選りすぐりの傑作31作品の一挙劇場公開。常識にとらわれず、個性あふれる感性とパワーが散りばめられたエンターテイメント作品たちに出会うチャンスです。

上映作品は、犬神家の一族、復活の日、里見八犬伝、人間の証明、蘇える金狼、時をかける少女、Wの悲劇、天と地と、セーラー服と機関銃、ボビーに首ったけ、幻魔大戦…など、いずれも今も語り継がれる名作ぞろいです。
日本映画を彩った名作たちと出会う秋となるはずです。

角川映画祭

公開日&上映劇場
・11/19(金)より:テアトル新宿、EJアニメシアター、ところざわサクラタウン・ジャパンパビリオンホールB
・12月より:シネ・リーブル梅田ほか全国順次上映

配給:KADOKAWA
公式HP:https://cinemakadokawa.jp/kadokawa-45/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。