新型コロナウイルスへの意識「恐れ」から「慣れ」へ

いま「してもいい」と思うことに対する意識調査(2020-2021年)
マーケティング・リサーチ会社クロス・マーケティングが発表

マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に、コロナ禍の日常生活において、外出を伴う行動で「してもいい」と思うこと21項目について、2020年6月以降、継続的にトラッキングしてきました。今回は今まで聴取した「してもいい」と思うことについて分析します。

外出を伴う行動についての意向、自粛意識のピークは2020年7月と2021年1月の2回。最低値は2021年11月になってから。 <図1>

2020年7月には、「してもいい」と思うこと21項目のうち、14項目が最低値になるなど、外出に対する自粛傾向が強くみられた。2020年7月は、第二波の襲来が現実のものとなり、そこまでで感染者数が最大になった時点。2021年1月は、第2回緊急事態宣言が発出された時点。この2回のピークの間には、GoToトラベル/GoToイートが実施され、第二波の収束とともに、外出意欲も回復傾向にあった。

飲食系では、「家族と近所で」か、「1人で食事」がポイント。<図2>
「家族で家の近所で食事」と、「1人でカフェ、食事処に行く」は、調査開始以来1位2位を維持。「ひとりカフェ」は、2021年の夏以降、1位になることが多かった。感染が拡大する中でも、施策がとられた店で一人で黙食なら大丈夫、という知識面の裏付けと、気分転換したい気持ちの表われと思われる。

2021年8月の落ち込み以降、どの項目も大きく回復。<図2>
2020東京オリンピック・パラリンピックを挟んだ2021年の8月は、全国の感染者数が2万人を超える日が続く中、それまでの回復基調から一転、1月に近い落ち込みをみせたが、飲食系よりもエンタメ・レジャー系は、1月と比べるとやや高止まりで、長く続く自粛疲れだけでなく、コロナ禍で外出する際の対策を含めた慣れもあると思われる。

■調査概要
調査手法: インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域: 全国47都道府県
調査対象: 20~69歳の男女
調査期間:2020年6月5日(金)~2020年6月7日(日)から 2020年11月20日(金)~11月22日(日)まで変則
2021年1月19日(金)~2021年1月21日(日)から2021年11月26日(金)~11月28日(日)まで毎週
有効回答数 : 本調査 各1,100サンプル                  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります。

株式会社クロス・マーケティング  
http://www.cross-m.co.jp/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。