2月1日を「メロディオンの日」に制定!

みなさんは鍵盤ハーモニカをどの名前で呼んでいましたか?「ピアニカ」それとも「メロディオン」?いずれも楽器メーカーから発売されている鍵盤ハーモニカの商標ですが、案外知らない人も多いようですね。ピアニカと呼んでいたけど、実は商品名は「メロディオン」だったというのはよくあることですw

この「メロディオン」を販売しているのが鈴木楽器製作所。
昭和30年代当時、小学校での音楽教育はハーモニカを使った授業が中心でしたが、先生が生徒に音階を教えるのに指導上の限界がありました。そこで当社創業者、鈴木 萬司(現会長)が、ハーモニカのように生徒全員が持つことができる鍵盤楽器を目指し、昭和36年(1961年)に、鍵盤ハーモニカ1号機「メロディオン スーパー34」を開発しました。
その後様々な普及活動を経て、昭和42年(1967年)に当時の文部省が制定した「教材基準」※の中に、「鍵盤ハーモニカ」が位置づけられたことで、メロディオンも多くの子どもたちに演奏されるようになりました。
現在、プロミュージシャンやバンドシーンに使用されることも増え、大人の音楽愛好家の中で「ケンハモ」という愛称でも呼ばれるようになってきました。

鍵盤ハーモニカ「メロディオン」を開発した当社の創立日が2月1日であることから、2020年から2月1日を“ケンハモ「メロディオンの日」”として制定されました。

■ケンハモ「メロディオンの日」制定記念イベント

東京タワーで、朝ヨガならぬ「朝メロディオン(?!)」開催
日時:2020年2月1日(土)7:40~8:45
場所:東京タワー メインデッキ 多目的イベントスペース「Club333」

ケンハモ「メロディオンの日」特設サイト
https://www.suzuki-music.co.jp/special/melodion0201/

鈴木楽器製作所
〒430-0852 静岡県浜松市中区領家2-25-12
URL  : https://www.suzuki-music.co.jp/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。