「プライドハウス東京2020」4月新宿三丁目にオープン決定!

LGBTQとスポーツが主テーマの情報発信施設として
多様性のレガシーづくりを目指す

「プライドハウス東京」コンソーシアムは、4月中旬から9月中旬までの約5ヶ月間にわたり、LGBTQとスポーツをテーマの中心とした期間限定の情報発信・ホスピタリティ施設「プライドハウス東京2020」を、新宿三丁目にある「新宿マルイ アネックス」の1階にオープンします。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のタイミングを、LGBTQに関する情報発信を行うための最重要機会のひとつと捉え、セクター横断のNPO・専門家・アスリート・企業・大使館・自治体が連携。その効果を最大化し、人の心や社会において多様性に関するレガシーが生まれる活動となることを目指しています。

「プライドハウス東京2020」には、現在、10の企業が協賛、18の駐日各国大使館の後援があり、LGBTQやソーシャル関連の活動を行う26のNPOや個人とともに、「教育・多様性発信」「文化・歴史・アーカイブ」「セクシュアルヘルス・救済窓口」「アスリート発信」「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」「居場所づくり」「仕組みづくり」という個別テーマを掲げた7つのチームにわかれ、協働プログラムを企画・実施。
なお、日本で「プライドハウス」が開設されるのは、昨年のラグビーワールドカップ2019日本大会にあわせて、原宿にてオープンした「プライドハウス東京2019」に続いて2回目となります。
「プライドハウス」とは

オリンピック・パラリンピックなどの国際スポーツ大会の開催にあわせて、セクシュアリティを問わずあらゆる人が安心して過ごせる場所を提供することを中心に、LGBTQに関する地域情報や文化情報の提供、LGBTQとスポーツという視点での課題やその解決方法や学びの提供、地域の住民や来訪者問わず参加できるスポーツイベントなどの実施といった機能を提供することを目指す。過去のプライドハウス主催団体、今後プライドハウスを主催する予定の団体が、プライドハウス・インターナショナル(http://www.pridehouseinternational.org)というネットワークを形成し、情報共有などを行う。

「プライドハウス東京2020」
新宿マルイ アネックス 1階
期間:2020年4月中旬〜9月中旬(詳細未定)

プライドハウス東京
http://pridehouse.jp/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。