カキ殻を活用して育てたエシカルなお米「晴れの国うまれ 里海米」

瀬戸内海の環境改善促進を目的に6月22日発売

新型コロナウイルス蔓延を発端に衛生用品の買い占めが発生するなど不必要な消費が目立ちましたが、その一方で「ムダを出さない」「社会全体へ及ぼす影響を考慮して行動する」など社会や環境に配慮した行動“エシカル消費”への関心が高まっています。しかし、エシカルに特化したサービスや商品はまだ多くはなく、日常の消費行動の中でエシカル商品を見つけるのは至難の業です。

そこで、岡山パールライスから誰もが気軽にエシカル消費に参加できるエシカルに特化したお米「晴れの国うまれ 里海米」を発売します。
岡山県では、“里海”である瀬戸内海で育ったカキの殻を有効利用する循環型環境保全事業「瀬戸内かきがらアグリ」の一環として、カキ殻を活用して育てたエシカルなお米「里海米」の育成・販売にJAグループ岡山が主体となって取り組んできました。「里海米」に4つの社会的意義を付加し、合計5つの社会的意義を持たせたエシカル商品です。
「コシヒカリ」「きぬむすめ」「朝日」の3品種を発売します。

里海米(さとうみまい)とは
JAグループ岡山は、“里海”である瀬戸内海で育ったカキの殻を有効利用する循環型環境保全事業「瀬戸内かきがらアグリ」に挑戦しています。その一環としてカキ殻を使って土壌改良をした田んぼで採れるお米を「里海米」と呼びます。

※詳しくは以下のホームページでhttp://satoumi.jp/

「晴れの国うまれ 里海米」5つの社会的意義

■カキ殻の有効活用
カキの産地・瀬戸内海では、身をとったあとの大量のカキ殻の処分が課題となっていました。身だけでなく、カキ殻にも良質なミネラルや栄養分が豊富に含まれており、「里海米」をはじめ、さまざまな農畜産物の肥料・飼料として活用されるようになりました。「里海米」の消費がカキ殻の活用推進につながります。

■食品ロスの削減
消費者が新しい日付のものを好む傾向があることから、一定期間を過ぎたお米は廃棄されたり、販売されなかったりと、食品ロスにつながっていました。「晴れの国うまれ 里海米」は、お米と一緒に窒素を封入することで鮮度を維持。販売期間を長くすることで食品ロスを削減します。

■温室効果ガスの削減
パッケージには、バイオマス包材を採用。石油の代わりに、サトウキビから砂糖を精製した際に出る副産物や、とうもろこしなど植物由来の原料を一部に使用することで、石油の使用量、ひいては排出される温室効果ガスの削減を実現します。

■水質汚染の低減
お米の研ぎ汁は水質汚染の原因の1つとされています。「晴れの国うまれ 里海米」は、環境負荷を小さくするために、無洗米加工を施しており、研ぎ汁が出ません。

■売上の一部を基金として里海再生活動に活用
里海米を購入した際に、1商品につき1ポイントついてきます。
1ポイントを1円として「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立て、瀬戸内海の里海再生活動に活用します。

晴れの国うまれ 里海米 2kg

〈コシヒカリ〉
お米の粒がきれいで光沢があり、適度なやわらかさと粘り気があります。岡山県で生産されたコシヒカリの品質は高く、冷めても硬さ・コシは変わらず、味、香り、どれをとっても最高です。

〈きぬむすめ〉
「絹(きぬ)」という名前の通り白く美しいお米で、食味は粘りが強く、
コシヒカリに負けない食味評価を受けています。岡山県では2014年に奨励品種に採用され、2016年産からは食味評価で最高ランクの特Aを4年連続で取得しています。

〈朝日〉
コシヒカリ、あきたこまちなど、ほとんどの美味しいお米のルーツとなっています。現在、全国でも岡山だけで本格的に作られています。ほんのりとした甘味、しっかりとした歯ごたえが特徴で、寿司店、料亭など全国のお米のプロから高い人気と信頼を集めています。

発売日: 2020年6月22日より
希望小売価格: 980円(税抜)
内容量: 2kg
賞味期限: 精米日より6ヶ月


岡山パールライス株式会社
URL: https://www.opr-gohan.com/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。