コロナビール、世界各国で観光・旅行業界の支援を開始

世界各国でCOVID-19の影響を受けた観光・旅行業界をサポート

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた企業は世界中に無数に存在します。世界のビール業界のトップを走るこの企業もそのひとつ。しかし、決して諦めることはなく、しかも真っ向から戦いを挑む姿勢を忘れていません。

海とのつながりを大切にし、大自然への旅行を推奨してきたグローバルビールブランド「コロナ エキストラ」は、世界各国でCOVID-19の影響を受けた観光・旅行業界のサポートを行うプロジェクト「Rediscover Paradise(リディスカバー パラダイス)」を行うことを発表。世界中で14,000室以上のホテルの部屋を予約、その料金を先払いし消費者に提供することで、苦戦する観光・旅行業界を支援することを目指すプロジェクトです。国内では、「CORONA SUNSETS FESTIVAL」を2015年から5年にわたって行うなどブランドと所縁が深い、沖縄の宿泊・観光事業に約2,000万円の支援を行っていきます。

コロナが掲げるブランドメッセージ「THIS IS LIVING.」は、人生における本質的な豊かさや歓び、価値観の大切さを示唆しています。このブランドメッセージには、日常の喧騒から離れ、自然を愛し、仲間と一緒に過ごす時間の大切さが込められており、コロナはそんなかけがえのない時間を作るきっかけを人々に提供してきました。その中でも特に大切にしている要素が「旅」「サンセット」「音楽」。国内ではその象徴となる体験として、ビーチで開催される音楽フェス「CORONA SUNSETS FESTIVAL」を2015年から5年間にわたり沖縄で開催。

全世界を襲ったCOVID-19の影響で、そんなかけがえのない時間が私たちの生活から奪われ、世界経済全体が打撃を受けている状況。
世界中で4億人もの旅行者の減少が予想される中(*)、コロナとして何かできることを考えた結果、この度、全世界で観光・旅行業界のサポートを目的としたプロジェクト「Rediscover Paradise」を発表しました。このプロジェクトは、世界中の1,000軒以上のホテルで14,000室以上の部屋をコロナが予約し、その金額を先払いすることにより、苦境に立たされている人々に救済の手を差し伸べたいという主旨のもと行われます。
沖縄県内の観光・旅行業を支援としては、国内でのブランド年間予算から、2,000万円を今回の観光支援プロジェクト予算として拠出。沖縄県内の宿泊施設の空室を買い取り、消費者向けのプレゼントキャンペーンを実施します。

■沖縄で5年間開催してきた「CORONA SUNSETS FESTIVAL」とは
コロナフェスは、コロナの「THIS IS LIVING.」を体験できるイベントとして世界中で開催されているビーチフェスティバル。最高のロケーションで最高の音楽を楽しむことができるイベントです。
国内では2015年から5年間、沖縄の美らSUNビーチにて、毎年開催してまいりました。
コロナが大切にしている「THIS IS LIVING.」の世界観にも欠かせないのが「サンセット」ですが、美らSUNビーチは沖縄でも有数の、夕陽が綺麗なビーチです。
キンキンに冷えたコロナを片手に、最高の夕陽を眺めながら、悠久の時を過ごしていただくことができる。これが沖縄でしか体験できない「コロナフェス」でした。

コロナ エキストラ 公式サイト: https://corona-extra.jp/
Twitterアカウント @CoronaExtraJPN

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。