大学生が作り出す試合の新たな価値。九州学生クラシコ(九州大学サッカーリーグ 福岡大学vs鹿屋体育大学)をクラウドファンディングで応援

「自分たちの試合は自分たちで価値をつける」
「自分たちの可能性を試したい」
学生主体のクラウドファンディングが11月18日から始まります。

2020年12月6日に九州大学リーグの福大VS鹿屋体育大(第4回九州学生クラシコ)の試合が開催されます。この大会は学生団体が主体で運営しており、試合の運営と共に、今回はコロナ禍での試合実施ということもあり、この試合の模様を会場で来ることができない人々にぜひ観覧し、応援してもらいたいという願いから、ライブ配信を実現すべくクラウドファンディングを立ち上げ、資金集めのプロジェクトを実行することになりました。
いつも行っているハーフタイムショー、抽選会などは従来の形で行えません。
学生たちがバーチャルの可能性に取り組みます。
彼らはこの試合をただLIVE配信したいのではありません。
九州から大学サッカーの魅力をオンラインを通して全国に配信することにより、九州のサッカーを盛り上げ、ひいては日本の大学サッカー、大学スポーツを盛り上げる契機にしたいと願っています。
4月、新型コロナウイルスの影響により、練習のできない日々が続きました。やっとのことで練習が再開できたあとも、自主練では調整しきれなかったチームとしての不具合はどうしても埋められない日々もありました。
今年の戦績は順風満帆ではありません。
サッカーができなかった時間に自分とサッカーをもう一度見つめなおした学生たちが、大学サッカーの面白さを存分に発揮したいと願って創り上げた企画です。
今回、新しい試みとしてデジタルならではの機能を使ったいろいろな企画を考案、試行しています。このライブ配信を通して、九州からいちはやく大学サッカーの発信、さらには九州サッカーの配信があたりまえになり、全国どこでも九州のサッカーを楽しんでもらえる未来を学生たちは想像しています。
クラウドファンディングのリターン、配信に際する企画は、全て学生が考えたもの。この先に彼らが描いた未来を現実にするために、多くの力が必要です。興味がある方は、ぜひ協力をお願いします。

選手からのメッセージ

「優勝争いするなら鹿屋。絶対に負けたくない相手。試合の点が入った後の喜び方だったり、1点に対する執着だったりという気迫は他のチーム相手よりも断然気持ちが前面に出ている。福大にしてみたら何が何でも倒してやろうという気持ちの相手。」
(福岡大学サッカー部)

「九州の大学サッカーをけん引する存在として、福大と鹿屋は同じくらいの力があると思う。優勝とか、争っていくライバルとして絶対に負けられない相手という存在として福大がある。中学・高校で一緒のチームだったり、選抜チームなどで顔見知りの選手も多い。完全にライバル。」
(鹿屋体育大学サッカー部)

「今年はコロナもありました。練習もできなかったり、リーグ戦も例年ならホーム&アウェーになるところが1試合しかできなかったり。でも、その中から頑張ってクラシコまでこぎつけた僕たちの試合をぜひ見てもらいたいんです」
(福岡大学サッカー部)

九州大学リーグの福大VS鹿屋体育大(第4回九州学生クラシコ)

九州大学サッカーリーグは2020年に第35回を迎えました。
ここ10年、九州大学サッカーリーグの優勝校はこの2校だけで、現在は福岡大学が3連覇中です。また、この2校は九州大学サッカートーナメント大会(総理大臣杯予選)でも毎年しのぎを削っており、2020年度は、優勝:鹿屋体育大学(2年連続10回目)、準優勝:福岡大学(5年連続30回目)という戦績を残しています。

2020年12月6日 14時~
九州大学サッカーリーグ1部最終節 福岡大学×鹿屋体育大学

LIVE配信
YouTubeグリーンカードチャンネル

特設サイト
https://univ-kyushu.com/

完全学生主導の企画運営

福岡大学のホーム開催となる学生クラシコは、福岡大学サッカー部成長戦略部のみなさんが主体で企画運営を行います。

クラウドファンディング詳細
クラウドファンディング期間:2020年11月18日(水)~12月5日(土)※18日間
目標金額 1,500,000円

クラウドファンディングの詳細はこちら
https://readyfor.jp/projects/kyushusoccer

サポート 株式会社グリーンカード
URL:https://www.green-card.co.jp/
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。