『劇場版 1979 はじまりの物語 ~はんだ山車まつり誕生秘話~』

ドキュメンタリードラマが映画化に!2021年11月劇場公開決定!!

連続ドラマ放送中に大きな反響が寄せられ、全国各地のケーブルテレビで放送された、「1979 はじまりの物語」。愛知県随一の規模を誇る『はんだ山車まつり』がはじまるに至った経緯を描いたドキュメンタリードラマが、再編集と追加撮影を経て、『劇場版 1979 はじまりの物語 ~はんだ山車まつり誕生秘話~』のタイトルで待望の映画化。11月26(金)より舞台となる愛知県と岐阜県での先行公開が決定した。

知多半島の中部に位置する愛知県半田市には、市内各地区に31輌もの山車がある。それぞれの山車を曳きまわす祭りは、江戸の頃より神事として行われているが、5年に一度だけ、31輌が一箇所に集結する日がある。それが、『はんだ山車まつり』である。愛知県随一の規模を誇る祭りで、1979年がはじまりである。祭りがはじまった起源や理由そのものも、日本中の祭りと比べ、一風変わっている。各地に山車があることから街が分裂状態にあった危機を、祭りで救おうとしたのだ。しかし、各地区の祭りが神事であるため、山車が地区を出ることは大きな反発を受けた。また、背景には政治的理由も大いにあった。

これは、当時の関係者たちのインタビューを交えながら描く、不可能と言われた山車まつりの開催を夢見て、困難と闘った男たちの、実際の話である。
本作の登場人物を丁寧に、かつ情熱たっぷりに演じたのは、日本の映画界を代表する演技派俳優陣だ。朝ドラ「まんてん」で主人公を演じて以降、女優としての演技の幅の広さや実力から、映画界に存在感を表し続けている宮地真緒。舞台となった町、半田市のPR大使をつとめ、東海圏を中心に人気のアイドルグループ【MAG!C☆PRINC】のリーダー、平野泰新。半田市出身の俳優、原田篤も地元山車組の組頭役で熱演を見せる。ほかにも、「仮面ライダー電王」でブレイク以降、映画・テレビを問わず活躍を続け、人気の幅を広げ続ける中村優一が名を連ねる。

出演者はほぼ全員、知多半島でオーディション選出!

本作は、愛知県半田市のケーブルテレビ局CACが、2020年4月から1年間にわたって放送する連続ドラマとして、はんだ山車まつり誕生の経緯を描きたいと企画したことから始まっている。その際に、出来ることならば地域住民が多数出演できるような、いわゆる『地域発』のドラマとしての側面を打ち出したいとの考えがあり、作道雄監督との協議の末、オーディションを開催することとなった。

実話をベースに、今も続くお祭りの知られざる真実の物語を描く

本作で描くのは、熱き男たちの、困難を乗り越えるサクセスストーリーだ。実話をベースとしながらも、熱い男たちのプロジェクト成功に至るまでの情熱と障害、邪魔する勢力や物理的な障害を生々しいタッチで描く。まるで、日曜劇場『下町ロケット』や、NHK『プロジェクトX』のような熱い物語が観客の心を掴むだろう。一つの祭りを実現するに至るまでの史実としても楽しめると同時に、熱い情熱物語としての側面ももつ、エンターテイメント。
「時代を、変えてゆけ――」
そのキャッチコピーが表現するのは、保守的で、政治や世相に興味のない、あるいは興味を持つことさえもどこか諦めてしまっている現代人に投げかける、強いメッセージなのだ。

■ストーリー

5年に1度、市内31輌の山車が勢ぞろいし、全国各地から約55万人が来場する半田市の一大イベント「はんだ山車まつり」。はじめて開催されたのは、1979年5月のことだった。当時、半田市内の政治状況は二分されており、対立や論争が日常的に絶えなかった。

それを憂いた半田青年会議所の酒井義弘(38)が、「はんだの心を一つにしたい」と、31輌の山車を勢揃いさせる山車まつりを企画する。しかしそれは前代未聞の企画であり、開催にあたっての費用集めや、山車の通るルートに信号機や鉄橋などの物理的な障害があるなど、実現に至る道のりは困難を極めた。さらには反対派による激しい反発もあり、祭り開催の半年前に企画の実現は暗礁に乗り上げてしまう。
そんな中、酒井の強い情熱に絆された仲間たちが集まり始める。

『劇場版 1979 はじまりの物語 ~はんだ山車まつり誕生秘話~』

【公開】2021年11月26日(金) 愛知・岐阜 先行公開
<愛知>ユナイテッドシネマ阿久比、イオンシネマ常滑、伏見ミリオン座、中川コロナシネマワールド
<岐阜>大垣コロナシネマワールド

■作品概要
【キャスト】
中山真人 中村優一 平野泰新(MAG!C☆PRINCE) 原田篤 伊藤精崇 南部隼人 木上洋行 石川生紘 小熊正美 渡邉健太 大橋将太 金子貴伊 小川耕司 島村信一 諏訪真士 脇田敏博 高羽勉 井田凌 榊原敏満 青木啓太 マイケル板倉 河合長政 林幸男 野々川浩司 竹内稔晴 八木美智代 山崎眞子 岩浪伸一 河北泰臣 榊原直樹 服部正宜 長坂貴光 宮地真緒
【監督・脚本】
作道 雄
エグゼクティブプロデューサー: 金澤茂明
プロデューサー: 森内保雅・瀬木直貴
原作: 『その時、半田の歴史が動いた三十一台の「はんだ山車まつり」はこうして始まった』(一粒社)
制作プロダクション: ソウルボート・クリエイティブスタジオゲツクロ
配給: スターキャット
製作: 株式会社CAC
後援: 半田市/半田山車祭り保存会/中日新聞/日本/カラー/16:9/ステレオ/107分
公式サイト: https://www.cac12.jp/sp/1979-hajimari/

©️2021CAC

■本作では目指せ!“全国公開”を目標にクラウドファンディングでの支援を募ります
クラウドファンディング応援サイト: https://camp-fire.jp/projects/view/445246
*11/10(水)まで受付
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。