『カオス・ウォーキング』11月12日(金)全国ロードショー

トム・ホランド×デイジー・リドリー×マッツ・ミケルセン!
垣間見える新感覚 SF エンターテイメント

トム・ホランド
デイジー・リドリー
マッツ・ミケルセン

『カオス・ウォーキング』は、ガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説シリーズの第1作「心のナイフ 混沌(カオス)の叫び1」(訳:金原瑞人、樋渡正人/東京創元社刊)を映画化したもの。監督は大ヒットメーカーのダグ・リーマン。主演は英国からハリウッドへ進出し、スパイダーマンとして今や世界中から愛されているトム・ホランド。共演は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で一気にスターダムを駆け上がったデイジー・リドリーと、渋さと圧倒的な存在感で21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセン。
なぜ? どうして? いたるところちりばめられた謎。
そして“ノイズ”によって、頭の中の思考や想像が露わとなる面白さに加えて、生まれて初めて女子を見る青年を演じるトム・ホランドの初々しさ爆発の演技。謎と“ノイズ”、それに10代の瑞々しい感性がミックスされた新感覚のSF映画に仕上がっています。壮大なスケールと映画史上初の設定によるエキサイティングなストーリーで、映画ファンを驚愕と歓喜の〈ニュー・ワールド〉へと連れ去る新感覚SFエンターテイメントの誕生です!!

<STORY>
西暦 2257 年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。 だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。 この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船 が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用 しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密 が明らかになっていく──。

『カオス・ウォーキング』
出演:トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、デミアン・ビチル、シンシア・エリヴォ、ニック・ジョナス、デヴィッド・オイェロウォ
原作:『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著(東京創元社)
脚本:パトリック・ネス&クリストファー・フォード
監督:ダグ・リーマン
【原題】CHAOS WALKING/2021 年/アメリカ・カナダ・香港/英語/109 分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/G/
字幕翻訳:大西公子 配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
cw-movie.jp
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

作品レビュー
『カオス・ウォーキング』
トム・ホランドという俳優はスパイダーマンでしか知らないのですが、彼のほかの作品を初めて観ました。実にキュートな俳優さんですね。しかもすごく成長し、大人になっていました。作品は、心の声や想像が表に現れ、全て他人に知られてしまうという設定で、前半はちょっと戸惑いましたが、後半からトッド(トム・ホランド)とヴァイオラ(デイジー・リドリー)の活躍シーンが次々に展開され、どんどんストーリーに引き込まれてい来ました。もっと悪役のマッツ・ミケルセンの出番を増やして欲しいところですが、トム・ホランドの魅力が余す所なく表現できた作品としては評価ができるところ。とても面白かったので、続編ができることを期待したいです。
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。