『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』12月17日(金) 全国ロードショー

世界的な鬼才トッド・ヘインズ監督×実力派キャスト マーク・ラファロ、アン・ハサウェイの豪華タッグ

『ベルベット・ゴールドマイン』、『エデンより彼方に』、『キャロル』など悲劇的なメロドラマを数多く手がけ、観る者の心を揺れ動かしてきたトッド・ヘインズ監督。自身も同性愛者である彼は、社会的マイノリティの人々 を美しくも悲劇的に映し出してきた。そんな彼が、巨大企業の陰謀を暴き出す弁護士に焦点を当てた最新作『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』を手掛けたのは少し意外に感じるかもしれない。しかし、ヘイ ンズは昔から内部告発映画のひそかなファンだったのだ。

プロデューサーも兼任するマーク・ラファロから本作の 話を持ちかけられた時のことを、次のように語っている。

「マークは知る由もなかっただろうが、私はこのジャンル、つまり内部告発もののひそかなファンだった。アラン・パクラ(とゴードン・ウィリス)による 1970 年代の 『コールガール』、『パララックス・ビュー』、『大統領の陰謀』のパラノイア三部作や、その後のマイク・ニコルズ監督作『シルクウッド』やマイケル・マン監督作『イン サイダー』に心底敬服しているのは、私だけではないだろう。
ただ、権力が犯した過ちを明らかにすること以外にも、私の心をとらえる何かがこれらの作品にはあ った。(リチャード・ニクソンがいかに腐敗していたかを知るために『大統領の陰謀』を見る人はいない)。

もちろんこれらの作品では、企業や業界によるもので あろうと、政府によるものであろうと、権力の乱用や脅迫や隠ぺいが明かされる。実際、それが物語に期待されるものであり、そうした期待が、物語に先立って 実社会で高まることもよくあることだ。しかし、内部告発映画の真に焦点をあてるのは平凡な人間であり、彼または彼女のたどる過程であり、真実に立ち上が ることでその人物が直面する、致死的とまではいかないにしても、精神・感情面の危機である。」
さらに、ヘインズは瞬時にロブ・ビロット(『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の主人公のモデルとなった人物)のストーリーに惹かれ、新しいジャ ンルを探求できることにワクワクしたという。
「本作は僕がよく携わる映画とは少し違うけれど、僕が昔から好きな内部告発もの(他にふさわしい言葉がないの でそう言わせてもらう)というジャンルと同じタイプの作品だった」と、話すヘインズが特に気に入っているのは、『大統領の陰謀』や『インサイダー』だという。

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』

STORY
1998 年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが、思いがけない調査依頼を受ける。ウェストバージニ ア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントは、大手化学メーカー、デュポン社の工場からの廃棄物によって土地を汚 され、190 頭もの牛を病死させられたというのだ。さしたる確信もなく、廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めたロブは、“PFOA” という謎めいたワードを調べたことをきっかけに、事態の深刻さに気づき始める。デュポンは発ガン性のある有害物質の危険性を 40 年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたのだ。やがてロブは 7 万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきる。しかし強大な権力と資金力を誇る巨大企業との法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていくのだった……。

キャスト:マーク・ラファロ 、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・キャンプ、ヴィクター・ガーバー、ビル・プルマン
監督:トッド・ヘインズ(『キャロル』『エデンより彼方に』)
2019 年/アメリカ/英語/126 分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/
原題:DARK WATERS/G/
字幕翻訳:橋本裕充
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ

公式サイト:dw-movie.jp

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。