新型コロナウイルスがもたらした世界各国の生活の変化を調査

マスク着用は義務?!世界で異なるマスクの文化

世界2527都市の現地在住日本人が登録する「LOCOTABI(ロコタビ)」。オンラインにより常に海外のタイムリーな情報を収集し、ツアーや留学サポートなどに活用しています。この「ロコタビ」が登録している海外在住者を対象に、新型コロナウイルス感染拡大によって変化している「現地の文化の変化等」についての調査分析、調査レポートインフォグラフィックを公開しました。
今回は、その中からマスク着用に関する違いについて紹介。

■調査概要
調査の方法:ロコタビ登録の海外9カ国在住ロコへのアンケート
調査実施日:2020年5月27日~6月3日
調査主体:株式会社ロコタビ

※ロコタビ調べ

義務!?任意!?異なるマスクの扱い

予防としてマスク文化が浸透している日本は「任意」にも関わらず町中でマスク姿がみられます。一方で、「マスクは病気の人がしているもの」という認識が強いエリアは、義務化している動きも垣間見えます。と言いつつ、義務化されている国でも着用しているない人もいるのが実情のようです。

マスク着用義務:
スペイン、フランス、ドイツ、ホンジュラス、イタリア、ニューヨーク

マスク着用任意:
日本、スイス、韓国、サンフランシスコ

マスク着用における街の変化

散歩している人がマスクをしている。アメリカでは今までマスクをしている人はいませんでした(サンフランシスコ在住)

通行人の約8割がマスク姿です。マスク必須にもかかわらずしていない人も多いです(スペイン在住)

外出はマスクの着用が義務付けされています(ホンジュラス在住)

5月26日からバスやタクシーを利用する際、マスク着用が義務化されました(韓国在住)

マスク文化の無かったアメリカやヨーロッパでマスクをする人がでたことにより町中で見る景色が劇的に変化したようです。また、マスクの着用が任意であっても、町中の8割以上がマスク姿という回答が並ぶ中、スイスでは現時点でも「マスク着用」に対して積極的ではなく、「マスク着用」の方が珍しいという回答でした。

詳しい調査内容がスライドショーで公開されています。
https://www.slideshare.net/ssuser81bd68/changes-in-the-world-about-mask

本調査におけるインフォグラフィック全データは下記より閲覧が可能となっています。
新型コロナウイルスのパンデミックによって、マスク着用意外にも世界の人々の生活がどのように変化したのかが垣間見られます。
[調査]2020年5月 海外在住日本人目線の回答集計データ
https://www.slideshare.net/ssuser81bd68/may-2020-response-data/ssuser81bd68/may-2020-response-data 

(内容)
1.国別入国制限について (回答:30か国35都市在住日本人)
-入国制限の有無
-入国条件詳細
2.コロナで変わったこと (回答:9か国9都市在住日本人)
-社会的距離の比較
-社会的距離における施策
-消費
-娯楽消費
-物価

みなさんはマスク着用に対して、もう慣れましたか?
共に新型コロナウイルスの感染を防止しながら新しい生活様式を取り入れて暮らしていきましょう。
おしゃれなマスクは『BS365』で どうぞ!
https://store.shopping.yahoo.co.jp/bs365/cmask-01002.html

ロコタビ
事業概要:海外在住日本人によるタウンガイドサービス
「LOCOTABI(ロコタビ)」(https://locotabi.jp)の運営

ロコタビは世界175カ国2,500都市在住の日本人をネットワークしており、海外在住日本人の登録者は約50,000人を超えます。海外の観光案内や海外視察など現地での多様な体験だけでなく、オンライン上で現地に足を運ばずとも、現地に住む日本人が代わりに調査・分析・業務代行も請けています。例えば越境EC実現の為のマーケットリサーチや不動産投資現地調査を始めとした、多種多様な業務を現地在住の日本人に依頼することが可能です。

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。