ユーミンがデジタルヒューマンに!「松任谷由実コンサートツアー 深海の街」公演に登場

最新のCG技術でユーミンがついにデジタルヒューマンになった

2020年12月1日に発売したアルバム「深海の街」を引っ提げた、全国63公演に及ぶ松任谷由実のツアーが、9月30日よこすか芸術劇場よりスタートしました。

2022年にデビュー50周年を迎えるにあたり新たなチャレンジともいえるユーミンのデジタルヒューマンが、9月30日からスタートしたコンサートツアー「深海の街」公演内、“知らないどうし”のステージ演出にて初お目見えしました。
制作を手掛けたのは東映のツークン研究所。多数のデジタルヒューマン制作実績と世界最高峰の撮影システムを備えた国内でも数少ない専門チームです。

米国USC大学ICT(Institute for Creative Technologies)が開発した最新のLight Stage(ライトステージ)を導入し、人間の顔の形状や質感を高精度に撮影するとともにFACS(Facial Action Coding System)に基づいた日本人表情データベースや独自のフェイシャルリギング(動きの仕組み作り)など、人間をリアルにシミュレーションする最先端のCG技術とスタッフを擁しています。

CGデータは半永久的に保存できるうえ、髪型や服装、年齢などを変えることもできるのが特徴。“現在”のユーミンはもちろんのこと、荒井由実時代の“あの頃”、誰にもわからない“この先”、“ユーミンの中だけにあるユーミン”のビジュアル化など可能性は無限大と言えるでしょう。
ユーミンのCGコピーたちが、ステージを埋め尽くしたり、宙をまったり、巨大になったりなどなど、ユーミンの“遊び心”が今後どんな展開に広がっていくのか、期待が高まるばかり。

松任谷由実オフィシャルサイト
https://yuming.co.jp

CG制作に関してのお問合せ
東映株式会社デジタルセンター ツークン研究所
https://zukun-lab.com

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。