(クロージングパーティ編)タイのゲイイベントSONGKRAN G CIRCUITに行ってきました。[動画あり]

ここまでの話
タイで開催されたアジア最大級のゲイイベント SONGKRAN G-Circuit 2019 体験旅行記
(1)アジア最大級のゲイイベント SONGKRAN G-Circuit 2019に行くために(準備編)
(2)タイのゲイイベントSONGKRAN G CIRCUITに行ってきました。(入国編)
(3)タイのゲイイベントSONGKRAN G CIRCUITに行ってきました。(メインパーティに行く前に編)
(4)タイのゲイイベントSONGKRAN G CIRCUITに行ってきました。(メインパーティ編)
(5)タイのゲイイベントSONGKRAN G CIRCUITに行ってきました。(プールパーティー編)

SONGKRANも最終日の夜になりました。
昨日のメインパーティで大満足だったので、クロージングパーティは早めに切り上げて早朝出発の飛行機備えようと思っていました。
会場はサイアムから電車で30分ぐらいの離れた場所でした。会場周りは暗かったです。終電がなくなると帰るのが大変そうです。
クロージングパーティは上から水が降ってくるので水着で行ったほうがいいという情報を入手しました。サンダルは踏まれたりする危険があるのでやめておきました。
会場には結構体格のデカイ人々がいます。こうした人に踏まれたら大変なので靴でいったほうがいいです。ものすごい量の水が天井のシャワーから会場に降り注ぐので足元には水たまりができます。
もちろん、靴はぐしょぐしょです。そのなかで踊ります。もちろん濡れますので上に着ている服はすぐに脱ぎます。ロッカーに服をいれて参加している人もいました。
自分は、ベルトに服を引っ掛けていました。海外の上裸スタイルの定番ですね。

10持ぐらいには会場についたと思います。ついてすぐ、会場でアイスを配ってました。美味しかったです。
メイン会場は前方にLDFのデカイパネルがあり、そこでDJとGOGOのパフォーマンスが繰り広げられています。広報にはVIPエリアがありました。VIPエリアは濡れないようになっていました。
会場を通り抜けると広場に出ることができます。そこはトイレと喫煙エリアになっていました。また、奥の建物ではフードコートがあり飲食もできるようでした。
11持頃には友達と合流してメイン会場で踊ったりして楽しみました。GOGOのパフォーマンスも凝っています。しかし、なかなか思うように鑑賞できません。
というのも、ステージも水びたしでシャワーの様に水が落ちてくるし、それに合わせて会場にもスコールのように大量の水が降り注いで来るからです。
水でうまく目を開け続けて鑑賞することが困難だからです。


バスタブが上へと釣り上げられていきます。すごい迫力です。

スマホはプールパーティーときから使用していた防水のものに入れていたから大丈夫ですが、なかなか大変でした。まさに会場はソンクラン、水かけ祭り状態でした。
当初は早めに切り上げようと思っていたのですが、思ってた以上に趣向が変わっていて面白いので、結局最後までいてしまいました。


かっぱのような衣装が水が滴る会場で盛り上がります。衣装はGX3のものです。


シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスでしょうか。すごい高で回転していました。個人的にはこのときに流れている曲が何なのか知りたいのですが、
アプリで反応しないので未だにわからないでいます。ぜひご存知の方は教えていただきたいです。


最後のフィナーレのパフォーマンスです。日本を代表するGOGOのSUSUMUさんのダンスです。
この最高のパフォーマンスと会場の盛り上がりで感動しました。

最後にGOGOたちはフル出演でパフォーマンスがあり、その後数分に渡る、大スコールがあった後、クロージングパーティは終了しました。
イベントの最後にこうして演者さんのパフォーマンスで盛り上がって素晴らしいイベントだと思いました。みんなビショビショになって踊るということがこんなにも楽しいものだとは思いもよりませんでした。
ソンクランだからこその醍醐味なのではないかと思います。そういった意味で私はメインパーティよりもクロージングパーティを楽しむことができました。
終わりのアナウンスで来年のソンクランの予定も伝えていました。
来年は2020年4月10日(金)〜13日(月)とのことです。来年も行こうと思いました。
ホテルも早めに予約しようと思います。

イベントが終わってから、さぁ、どうやって帰ろうかということになりました。
演者さんたちはタクシーで帰っていきます。では、お客さんたちはというと、なんとチャーターバスが数十台規模で手配されていました。
この無料送迎バスはシーロムまで送ってくれる様になっていました。シーロムまで行けばタクシーも拾いやすいし、電車もあります。
タクシーを拾ってホテルまで帰りました。ホテルに着いたら、シャワーを浴びて、荷造りをしました。
そして軽く数時間寝たのち、ホテルをチェックアウトして空港に電車で向かいました。
帰りの飛行機も上海経由でしたが、疲労困憊のため、よく寝れました。帰りはあっという間に日本に着いた感じです。ある意味楽でした。

コラムニスト GORILAX
大学院卒 学術修士。ふと、湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。

GORILAX
コラムニスト ふと湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。社会学、文化人類学の視点からもアプローチしていきます。