“小泉今日子”という生き方

「あなたに会えてよかった」
「木枯しに抱かれて」
「なんてったってアイドル」など、
サブスクで出会えるKYON2の世界

日本レコード協会による2020年2月度有料音楽配信認定作品の中に、1986年にリリースされた小泉今日子の「木枯らしに抱かれて」がプラチナ認定(25万DL)された。アイドル時代のKYON2(キョンキョン)の代表曲のひとつであるこの曲が、レコード→CD→ダウンロードと変遷する音楽業界で、発売されてから14年の月日が経っても今でも愛される証拠である。

そして、音楽は定額配信サブスクの時代となった。
小泉今日子の楽曲も今年の8月の終わりにサブスク解禁に。

小泉今日子は1982年に「私の16才」でデビュー。当時のキャッチフレーズは「微笑少女。君の笑顔が好きだ」。この年の同期には、中森明菜、早見優、堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、シブがき隊といった「花の82年組」と呼ばれる錚々たるアイドルたちがそろっていた。しかし、当時、キョンキョンはさほど大きなヒットには恵まれず、賞レースにも辛うじてノミネートと、そこそこな感じでその年をやり過ごすことになる。
83年、5作目のシングルとなる「まっ赤な女の子」がスマッシュヒットとなり、それをきっかけに注目をされるやいなや、TVドラマ「あんみつ姫」の主演に抜擢され、7曲目「艶姿ナミダ娘」で大ブレイク。その後は、アイドルとしての独自路線を切り開き、他の追随を寄せつけない勢いでヒットを連発していく。
小泉今日子が真のスターに登り詰めた決定的な楽曲は85年の「なんてたってアイドル」だろう。
アイドルだって女の子、だけどアイドルの楽しさはやめられないという、普通だけど普通じゃないその感覚をポップなロック調で茶目っ気たっぷりに堂々と歌い放った彼女は、男女も大人も子供も虜にする魅力にあふれていた。この頃から、小泉今日子は、さまざまなミュージシャンとコラボしながら歌の世界を広げ、多くの俳優たちと共演しながらお芝居の世界も充実させ、エンターテイメントなアイドルとして、彼女自身のブランドを確立していくことになる。
1991年、小泉今日子の音楽の世界観を集約した「あなたに会えてよかった」が大ヒットする。彼女が作詞を手がけた楽曲であり、自身ではじめてのミリオンヒットとなる。累計出荷枚数は158万枚となっている。

松田聖子、中森明菜という二大歌姫が君臨していた80年代の音楽業界で、小泉今日子は、するりと二人の路線とは別の道を切り拓き、独自のKYON2ワールドを打ち建てていった。
歌唱力はイマイチ、でも表現力はピカイチ。彼女と周りのブレーンたちがその強みを知っていたからこそ多方面で活躍の場がつくられ、音楽、映画、ドラマ、ファッション、アートとKYON2ワールドが広がっていったのだろう。

2020年も小泉今日子は何かと世間を騒がせる存在だ。
SNSの自身のアカウントで、それまで芸能人はタブーとされていた政治的発言をさらりと言い放ち、注目、炎上そして共感され、それに続くように多くの芸能人たちも政治に対して次々と物申すようになった。
「政治に進出か?!」と言われたが、本人は「あんなウソを平気で書くなんて!」と否定している。
大手事務所から独立し、不倫関係さえも認め、驚きのニュースとなっても、小泉今日子は常に新しいKYON2ワールドを設計し続けている。

音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」では、デビューシングル「私の16才」から、自身が主演を務めたドラマ『続・最後から二番目の恋』の劇中歌「T字路」までの全シングル作品と、オリジナルアルバム、ベストアルバム、配信限定楽曲などを含めた全726曲を聴くことができる。
アーティスト、女優、執筆家として今も輝き続ける小泉今日子の軌跡をたどる楽曲の数々を楽しんでいただきたい。

AWAプレイリスト『小泉今日子のCLASSICS』
https://s.awa.fm/playlist/specific.thumb.koizumikyoko.20200821

AWA:https://awa.fm/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id980578855
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ:https://awa.fm/download/
AWA最新情報:https://news.awa.fm/
AWA公式Twitter:https://twitter.com/awa_official?lang=ja
AWA公式LINE:https://lin.ee/21w3f0k
JIMMY
人生の移ろいを感じながら、風のように生き、雨のように歌い、太陽のように人を照らしたい。