挑戦し続けるメダリストの背中

髙橋大輔 ファッション誌で魅せる7月28日発売『Oggi9月号』

世の中、連日のメダル獲得で夏のオリンピック一色ですが、実は冬のオリンピックも開幕まであと半年余り。そんな中、注目を浴びているのが35歳のフィギュアスケーター、髙橋大輔選手です。2014年に現役を引退後4年のブランクを経て復帰。フィールドをシングルからアイスダンスへ転向し、いま新たな夢に向かって挑戦しています。
働く30代のファッション誌『Oggi9月号』では、髙橋選手の撮り下ろし&インタビューを掲載。前例のない道をひた走る力強い姿が、同じ働くOggi世代に勇気を与えてくれます。

「賛否両論あることは知っていますが、あまり気にせず突っ走っちゃったというのが実際のところです」。現役復帰を宣言した2019年。当時多くの人に衝撃を与えた復帰の理由を本人はさらりと言葉にします。
24歳で日本男子初のバンクーバーオリンピック銅メダルを、世界選手権で金メダルを獲得。引退を経て32歳の競技復帰は競技年齢としては異例のことでした。そしてその後、シングルを卒業しアイスダンスに転向。
「エンターテインメントに関わっていたいという思いがあり、アイスダンスが今後の自分の糧になると思ったので、決めました」と大きな決断に迷いはなかったと話します。

インタビューから伺えるのは、誰にも真似できない自分らしい生き方。ひとつひとつの言葉が、同世代の心に響きます。
近年、出演するアイスショーでは演技や歌声も披露する髙橋選手。エンタメを極めたその表現力は、今回の撮影でも発揮しました。ピンクのシャツをさらりと着こなした色気漂うカットから、黒いタンクトップ姿で力強い筋肉を見せる戦う男のカットまで、大人の男性として、熟達のアスリートとして新たな魅力を見せています。その生き方から意思の強さを感じる髙橋選手ですが、インタビューでは、「(一歩リンクの外に出れば)人見知りだし、全然自信もなくて。表に立つのが苦手なんです」と意外な一面も。そのギャップが多くのファンを惹きつける理由のひとつかもしれません。

いまの目標は、もちろん北京冬季五輪出場。今もっとも楽しみな35歳。進化し続けるその魅力を余すことなく収録。ふだん聞けない恋愛トークも…。


『Oggi9月号』7月28日(水)発売

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。