ある食べ物が永遠に存在し続けると思い込んでしまうこと

もう、あれから1年が経ってしまった

神戸で一番好きなケーキはなにか?と聞かれれば、御影高杉のガトーフレーズである。
神戸の人ならが愛するこのケーキが2017年9月30日をもって食べることができなくなってしまった。

お店が閉店してしまったからである。

販売が行き詰まり、経営難で閉店したであるとか、何らかの法に抵触するようなことをして閉店したわけではない。

御影高杉は神戸を代表する西洋菓子店で、そこでつくられるガトーフレーズと呼ばれるショートケーキは現代の名工に選ばれる一品だった。しかし、店は閉店してしまった。

閉店理由は簡単に言えば、今のレベルで作る職人の数を確保できず、現状のレベルを維持した形で作り続けることができなくなってしまったからだった。なんと、後継者の育成がうまくいかなかったのである。

人気の商品、多くの人に支持されている商品は永遠に生き続けると思っていたが、どうやらそうではないらしい。
消費者の支持を得ることよりも、その商品を作る人の維持が実はものづくりは重要であるということを改めて考えさせられる出来事だった。

美味しいと思うものがある時、突然姿を消すということは往々にして起こりうることである。
であるからこそ、自分の味覚に正直に、食べる機会があるのならば、ぜひ食べることをおすすめする。

今年のクリスマスはどこのケーキにしようか。悩ましい時期になった。

コウベランチタイムズ
https://kobe-lunchtime.com/mikagetakasugi-cake-close/

ライター:GORILAX
関西の国立大学大学院博士前期課程修了。”異文化交流ってなんやねん”といった感じの研究をしていたとのこと。現在は会社員の傍ら、ジムトレーニングに励み、肉体改造を頑張っているが、お金を手にするとすぐどこかに旅へ行ってしまう。

関連記事一覧