• HOME
  • 記事
  • Column G
  • 2020年4月にタイで開催されるゲイ サーキットパーティG-Circuit SONGKRAN 2020のチケットが発売開始!

2020年4月にタイで開催されるゲイ サーキットパーティG-Circuit SONGKRAN 2020のチケットが発売開始!

2020年4月にタイで開催されるゲイ サーキットパーティG-Circuit SONGKRAN 2020のチケットが発売されました。
現在はSuper Early Birdチケットが発売中です。(2019年11月7日現在)
超早割チケットということですね。

チケット購入ページ
https://www.gcircuit.com/ticketing.php

Super Early Birdの最高額のチケットはVIP版ALL ACCESS PACKAGEで11,000バーツです。(7,700バーツお得な早割チケットです。)

Super Early Birdの通常版 STANDARD ALL ACCESS PACKAGE は9,000バーツです。(5,700バーツお得な早割チケットです。)

2019年11月7日の相場では1バーツ3.6円なので
Super Early BirdのVIP版ALL ACCESSチケットは39,600円です。

Super Early Birdの通常版 STANDARD ALL ACCESS PACKAGE は32,400円です。

どうしてこんなにも高額なのでしょうか。

順に説明していきたいと思います。
※ただし、まだイベント内容については公表されている情報がないので、過去の事例をもとに推測したことを書いているという点は留意してください。

2020年のソンクランのイベントは4月10日(金)から13日(月)まで4日間あります。この4日間で公式の大きなイベントが4つ、プールパーティが3つあります。

このALL ACCESSチケットは4日間すべての公式のイベントに入場することができます。おそらくVIP版チケットの場合は入場の際などで優遇措置や、VIPエリアがあると思われます。またそれに加えて、3つあるプールパーティの中から1つに入場することができます。チケットを購入する際にどのプールパーティにするかを選択する必要があります。

つまり、5つのイベントに入場することができるチケットということです。単純に5で割ればVIPのチケットは1つのイベントにつき、7,920円になります。STANDERDのチケットは6,480円。

定価はサイトから判断するにVIP版ALL ACCESS PACKAGEで18,700バーツです。(2019年11月7日現在で67,185円 1枚 13,437円)

通常版 STANDARD ALL ACCESS PACKAGE は14,700バーツです。(2019年11月7日現在で52814円 1枚 10562.8円)

それでは他の海外イベントのチケットと比較してみましょう。

2018年8月に韓国で開催されたI:AMでVIPは当日窓口購入で80,000ウォン(2019年11月7日現在で7,567円)だったようです。
韓国 ソウルのゲイイベント I AM Seoul 2018 Korea’s Hottest Gay Circuit Festivalに行ってきました!中編

2019年10月に台湾で開催されたFormosa Prideのチケットの値段は、Early Bird チケット3枚組でNT$5,200(2019年11月7日現在で18,693円 1枚 6231円)
これよりも少し遅い時期に発売されたEarly Bird チケット2枚組は4,400NT$(2019年11月7日現在で15,821円 1枚 7,910.5円)当日券は1枚NT$2,500ぐらい(2019年11月7日現在で8,988円 )ではなかったかと思います。
台湾最大級のゲイイベント「Pride Formosa」10月開催!

これらはVIPやスタンダードの違いもありますし、当日券の値段は高額なります。

だいたいの感覚として、海外の大型ゲイイベントのチケット金額は6,000円〜10,000円ぐらいが相場なのではないかと思います。

韓国や台湾に比較してタイのイベントのチケットは高額であるように見えてしまいます。
しかし、会場の規模から考えると見え方が変わります。

この3エリアで一番会場が小さかったのは台湾のBlACK BALL PARTYではないかと思います。※あくまで、実際に現地にいって感じた広さの比較になります。

会場の広さは控室やセットなどの空間も含めて約930平米といったところで、ゲストが踊れる広さは600〜700平米ぐらいなのではないかと思われます。会場の見取り図を見る

昨年のSONGKRANの会場だったCentralWorldのLivehouseはその2倍〜3倍以上は広いのではないかと思われます。※あくまで実際に行ったときの体感であって、計測したわけではない。とっても広い会場であることはたしかです。

タイのSONGKRANは、この会場の広さと、機材の豪華さ、スポットライト、レーザービームなどの多種多様なライト、LEDの大画面などの規模がとても大きいため、運営コストが高くなるのは容易に推測できます。

しかも、最終日ののWET PARTYは別会場になると思われますが、上からシャワーのように水が降ってきます。しかも1度や2度ではなく、何度も降ってくる。大量の水を会場に降らせるシステムの準備を考えると他のイベントと同じ価格帯では運営できないのは目に見えています。

SONGKRANは会場の規模の大きさ、贅沢な機材設備、そしてたくさんのパフォーマーによって質の高いパフォーマンスが提供されるイベントのため、チケット料金が高額になるのはいささか仕方がないといえます。

むしろ、適正価格か、早割チケットを買えば、かなりお得ななのではないかと思う。

高額なチケットになるので悩んでしまいますが、思い切って買ってもいいかもしれません。

また、フルで行くことが難しく、1日だけ行くといった場合は、今発売している4日間全てに入場できるチケットを買うのではなく、当日券を買ったほうがいいでしょう。

「チケット購入金額」を「参加できるイベント数」で割ってみて、その金額が当日のチケットを買っていく方法とどちらが得か考えることが必要かもしれません。また、当日チケットが必ず購入できるかどうかの保証はありません。

必ず行きたいのであれば、あらかじめチケット購入をしたほうがいい。

以上、いろいろとチケット購入について書きましたが、どのように購入するかはあなた次第。
購入等によって不利益が生じたとしては当方での責任は負いかねます。
よく、公式サイトを確認して購入を行っていただけたらと思います。

G-Circuit SONGKRAN公式サイト
https://www.gcircuit.com/index.php

コラムニスト GORILAX
大学院卒 学術修士。ふと、湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。

関連記事一覧