【いいもの見つけた】スマートスピーカーの進化。3Dオーディオを体感できるAmazon Echo Studio

我が家で最上級の音響体験ができるスマートスピーカー

アメリカでは4人に一人はスマートスピーカーを利用しているというレポートがあり、今後もますます普及していく傾向にあります。日本でも2017年から各社のスマートスピーカーが発売されましたが、当初は「これはいったい何をするものなのか?」と、大きな「?」を感じた人も多かったのではないでしょうか?
スマートスピーカーがさまざまな家電を声で操作し、スマートホームを構築するという図式をなかなか理解できなかったのではないかと思います。しかもスマートスピーカーが登場しても連携できる機器が少なく、スマートホームを意識した商品が見当たらなかったせいで普及率は少ないままでした。
しかし最近、ようやくスマートスピーカーの認知度が高まり、対応する商品も次々に現れ、CMや広告、TV番組などの影響を受け、少しずつ利用者が増えてきているようです。

私もスマートスピーカー利用者の一人です。2年ほど前に友人からプレゼントされたのが最初でした。寝室に設置し、就寝前に音楽をかけたり、アラームを設定することが主でしたが、だんだんと興味がわき、別の部屋でも使ってみようと自分でも購入。その際にスマートスピーカー対応の電球も同時に設置し、さらにWiFi内蔵のプラグコンセントもそろえました。次にはスマートスピーカーと家電をつなげるハブとなるスマートリモコンと…。我が家はすっかりスマートホームとなっていきました。今では「アレクサ ただいま」と言えば、玄関とリビングの電気が点灯する仕組みになっています。

そして最近手に入れたスマートスピーカーが「Echo Studio」です。今まで使っていたものとは全く違う概念を持ったものと言っても過言ではありません。

音楽を流したり、家電を操作したり、アラームやニュースを読み上げてくれる従来のスマートスピーカーの機能はもちろんですが、「Echo Studio」にはスピーカーが5つ搭載されています。
5.25インチウーファーと最大出力330Wのパワーが、低音出力を最大化させる開口部を通じて、重厚感のあるサウンドを再現させます。

世の中に登場した当初の小さなスピーカーは大きく成長し、3.5kgのどっしりとした重量というスマートではないスタイルとなり、音が広がる空間や奥行き、明瞭さなどを分析し、上質な音楽体験を提供すべく設計されました。さらに、1.0インチツイーターと、ダイナミックな中音域や切れ味のある高周波数帯のオーディオ再生が可能な、3つの2.0インチミッドレンジスピーカーを搭載。加えてビット深度24、帯域幅100kHzのパワーアンプも備えています。

これによって、ハイレゾ同様と言われるAmazon Music HDを高音質なロスレスオーディオを再生することもできます。自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、最適な音質でのオーディオ再生を微調整できるため、部屋のどの場所に置いても存分に機能を発揮。Dolby AtmosSony 360 Reality Audioを採用し、音に包まれるような没入感ある3Dオーディオを体感できます。
また「Echo Studio」Fire TVシリーズとペアリングすることで、Dolby AtmosDolby Audio 5.1などに対応した映像が楽しめ、自宅にいながら映画館にいるような体感を得ることができます。

スマートスピーカーはただの小さなオーディオスピーカーではありません。暮らしを便利にも、楽しくもしてくれる優れたガジェットです。特に「Echo Studio」は、もう一度音楽をちゃんと聞いてみよう、もう少しいい音で聞いてみようという気にさせてくれる性能を持っています。人々はCDから離れ、ダウンロードやサブスクによって気軽に音楽を聞く習慣を身につけました。人々が次に求めるのはじっくりと音楽を楽しめる品質なのではないでしょうか。

Echoシリーズ最上のスマートスピーカーは24,980円(税込)でAmazonストアにて販売中です。
https://www.amazon.co.jp/

*1 価格はいずれもAmazon.co.jpでの販売価格です。
*2 スマートホームの製品によっては別途接続するためのハブ(別売)が必要となる場合があります。
*3 各サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom( https://amazon-press.jp )およびAmazon ブログ( https://blog.aboutamazon.jp )から。

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。