F1を制した「GOODYEAR」のホイールを装着した 世界初のスーツケース 

『Regent Square』がMakuakeで450万円の支援を達成

F1歴代優勝回数1位の記録を誇るタイヤメーカー「グッドイヤー」のGOODYEARホイールをキャスターに採用した世界初のスーツケースブランド『Regent Square/リージェント スクエア』のVer3モデルをクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、2020年11月20日(金)にプロジェクトを開始。プロジェクトの支援者が290人、支援金額が450万円を超えました。

Makuakeプロジェクト
https://www.makuake.com/project/regent-square02/

「Regent Square/リージェント スクエア」誕生の背景

「Regent Square」は香港に拠点を置くDarton groupによって2015年に設立されました。
“スーツケースに車のタイヤを付けて快適に旅する事が出来たらワクワクしないか?”些細なイマジネーションから生まれたアイデア。それから実に3年もの開発期間を経て「Regent Square」は誕生しました。
「Regent Square」はモータースポーツの最高峰F1のタイヤ部門で歴代最多の368勝を誇るグッドイヤーとタッグを組み、グッドイヤーのこれまで培ってきた技術をスーツケースのキャスターに詰め込んで旅をサポートします。

唯一無二のGOODYEARホイール

特長(1)
ロードノイズを軽減した静音設計のキャスター
特長(2)
クルマをドライブするかのような快適な走り
特長(3)
男心をくすぐる細部にまでこだわった本物さながらのタイヤデザイン
特長(4)
タイヤは何度でもよみがえる!「セルフキャスター交換」

GOODYEARホイールは独自開発のテクノロジーにより車軸にかかる負担を軽減させる設計になっており、車輪の回転をスムーズにして滑らかな走行を実現しました。本物のタイヤを再現したかのようなユニークなデザイン。タイヤに刻まれた溝は静音性も高める効果があり、サイレントキャスターとしての能力も備えています。また、このGOODYEARホイールは自分で簡単に交換が出来る設計となっており、何度でも購入時の快適な走りを取り戻すことができます。

従来品の課題を解決する新設計、ストレージムーブ機能

「Regent Square」は機内持ち込み対応のファスナータイプのスーツケースです。フロントポケット付きのスーツケースは便利ですが従来品には課題もありました。それはスーツケースを開いた際の左側のスペースをポケットとして使用しているため、ポケットの容量の分だけケース内部の収納スペースが減る設計になっていました。「Regent Square」はこの課題を解決するために特殊な縫製技術を使用して、ポケットの中にある中敷き部分が稼働するように設計されています。
中敷きが圧迫されるとフロントポケットにマチが生まれるためポケットに沢山収納したい時は容量を拡張できます。このストレージムーブ機能によりユーザーの利用シーンに合わせてポケットの容量のカスタマイズが可能になりました。

USBデュアルポート

2つのUSBポートを内蔵。スマートフォンとノートPCの両方充電も可能。ポケットルーム内にモバイルバッテリーを繋ぐケーブルを搭載。
※モバイルバッテリーは別売り。お持ちのモバイルバッテリーが利用できます。

Regent Square/リージェント スクエア

【モデル名】:STORM/ストーム
【形状】 スーツケース / 機内持ち込みサイズ / フロントオープンポケット
【総外寸】 : W360×H550×D240(mm)[合計115cm]
【重量】 約 3.4kg
【容量】 約 39L
【滞在目安】 2~4泊程度
【素材】 ポリカーボネート100%(ドイツバイエル社マクロロン)
【生産国】 中国
【仕様】 TSAダイヤルロック / YKKファスナー /フロントオープンポケット(ストレージムーブ機能)/デュアルUSBポート / グッドイヤー サイレントキャスター /国内100席以上・国際機内持ち込み対応サイズ /

株式会社ウィズキュリオス
URL : http://withcurious.com/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。