2020「今年の顔」発表!佐藤健・NiziU・上白石萌音・Snow Man

モデルプレスが2020年「今年の顔」を発表しました

年末恒例となったモデルプレスが選ぶ「今年の顔」。今年も読者投票を実施し、単なる人気投票ではなく、読者から寄せられた説得力ある声を参考に、モデルプレス編集部の審査、2020年の「モデルプレス」内での記事露出回数などを加味し、男女それぞれ10組が選出されました。

女性編

多くのテレビドラマが話題となった2020年の顔として、「恋はつづくよどこまでも」で佐藤健とのコンビが人気を博した上白石萌音、「私の家政夫ナギサさん」で再評価された多部未華子、一年を通して出演が絶えなかった浜辺美波、大河ドラマ「麒麟がくる」の代役抜擢やYouTubeで存在感を示した川口春奈を選出。「M 愛すべき人がいて」の怪演が話題を呼んだ田中みな実は、写真集のロングヒットもあり、カリスマ的存在にまで上り詰めた。

バラエティでは、“めるる”こと生見愛瑠が新たなバラエティ女王として台頭。また、コロナ禍で真価を発揮し、お茶の間に元気を届け続けたYouTuber芸人フワちゃんも欠かせない。
アイドル界では数々の伝説を残し乃木坂46を卒業した白石麻衣、社会現象になったオーディション番組「Nizi Project」から誕生したNiziU。
さらに大ヒットとなった「鬼滅の刃」でアニメ・映画の主題歌を担当するLiSAも、ブームを象徴する存在として今年の顔に。

男性編

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」からは、ドS王子役で女性たちの心を鷲掴みにし、上半期の話題をかっさらった佐藤健が選出。コロナ禍で過去作の再放送も盛り上がったが、堺雅人主演「半沢直樹」の続編は過酷な撮影状況を乗り越え再び大ヒット。自粛期間中、芸能人の多様なSNS発信が目立ったが、特に志尊淳のライブ配信「#志尊の自粛部屋」は印象的だった。

また、ステイホームの影響で、「第4次韓流ブーム」と言われるほど韓国のエンターテイメントが日本を席巻。「Nizi Project」の立役者であるJ.Y. Park、空前の韓国ドラマブームを代表する「梨泰院クラス」の主演、パク・ソジュンが日本を熱くさせた。
音楽界からは、2ndシングルが単独ミリオンを達成したSnow Man、デビュー初年度で存在感を見せたJO1。俳優として引っ張りだこの活躍を見せる北村匠海は、所属するDISH//の「猫」がバズり二刀流の実力を発揮した。

そして平成生まれのソロアーティストとして初めてミリオンセールスを突破するなど今年も勢いが止まらなかった米津玄師も欠かせない。
バラエティでは“お笑い第7世代”ブームが続く中、EXITが芸人の枠に留まらない活躍を見せ、一線を画している。

「今年の顔 2020<女性編>」
URL: https://mdpr.jp/news/detail/2322643
「今年の顔 2020<男性編>」
URL: https://mdpr.jp/news/detail/2311259

モデルプレス
https://mdpr.jp/
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。