田村淳発案による、遺書動画サービス「ITAKOTO」を提供開始

コンセプトは「この世から、心のこりをなくしたい。」
大事な人に、普段伝えづらい感謝の気持ちを伝えるきっかけに

正直なところ、私は死ぬ間際に、まだ「心のこり」があった方が、それまで生き続けた実感がある人生だと思うのですが、こういうサービスがあってもいいのかなとも思います。

ちょっとオモシロイサービスですよ。

「ITAKOTO」とは

▶︎死をカジュアルに考え、明日を生きる力へ
「ITAKOTO」の名前の由来は、「残された方に“言いたかったこと”」「この世に“いたこと”」「今を生きる人にメッセージを伝える“イタコ”」から名付けました。生きてる上で自然とタブーな話題になりがちな「死」を、我々はカジュアルに捉えています。死生観をアップデートすることで、大切な人に言い残したことや後悔がないか、自分の人生を改めて考えるきっかけになったり、明日を生きる活力に変わっていくと考えています。

○遺書動画サービス「ITAKOTO」について

▶︎発案のきっかけ
発案者である田村淳は、以前より死に方や弔い方の選択肢が今の社会になく、そこをアプローチするサービスを作るため、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学しました。
研究の一環で、SNSで発信、集客した人を対象に、遺書や死生観について様々なアンケートやワークショップを行い、遺書を作成することで当初あったネガティブなイメージや感情から、ポジティブなものに変わっていく傾向があることを実感しました。
それらのデータをもとに、様々な専門家の指導を仰ぎながら、遺書動画サービス「ITAKOTO」を発案しました。

ITAKOTOは、遺書を動画で撮影し、大切な人に届けるサービスです。お手持ちのスマートフォンから大切な人を想い浮かべながら遺書を撮り、届けたい相手に、撮った遺書を送ります。

例えば、自分の誕生日に、「今の自分」を記録するために。例えば、大切な人に普段言えないことを言葉にするために。例えば、大切な人とメッセージを送りあって、絆を深めたり。

遺書を作成することで、過去と現在、未来を考えるきっかけを作ります。

遺書の撮影はスマートフォンのカメラを使うので誰でも簡単に撮影可能です。撮影した遺書動画は2要素認証を使った本人確認による高いセキュリティ性で保管されます。また、配信にあたっては株式会社itakotoが責任をもって確実に届けたい相手へお届けします。
届け先を設定し、心の準備ができたら、お手持ちのスマートフォンでメッセージを撮影します。
撮影し終わったら、相手に配信手配ができます。撮影した動画は相手に届けられ、web上で閲覧することができます。

○「ITAKOTO」料金プラン
ITAKOTOでは、初めての方でも気軽にご利用ができるよう、無料プランをご用意。有料プランでは更に多くの遺書動画を残したいというご要望にお答えできるよう3つのプランをご用意しております。

▼ダウンロードはこちら
https://apps.apple.com/jp/app/itakoto/id1517187206

特設サイト
https://itakoto.life/

株式会社itakoto CEO:田村 淳よりコメント

「このサービスは大切な人へメッセージを贈ることはもちろんですが、遺書作成において自分といかに向き合うか? ということが大切になります。動画でメッセージを撮影することで、画面を通して自分自身を客観的に捉えることができ、自問自答して湧き出てきた大切な言葉達を相手に届けることができます。これが一つ目の動画で贈るメリットです。もう一つは、贈る相手に手紙だけだと伝えられない表情、声質、言葉の温度など様々な情報を伝えることにより相手に深くメッセージを届けられるという事です。」

株式会社itakoto
HP:https://itakoto.co.jp/

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。