第14回キッズデザイン賞でパナソニックのファーストシェービングシリーズが経済産業大臣賞を受賞

キッズデザイン賞は子どもの安全や感性の育成、子育て環境の支援に資する製品、建築・空間、サービスを応募対象にした顕彰制度で経済産業省、内閣府、消費者庁が後援となっているものです。
2020年9月30日に行われた「第14回キッズデザイン賞」で、パナソニックから発売されている「ファーストシェービングシリーズ」が経済産業大臣賞を受賞しました。

【子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン】

●ボディトリマー、フェイスシェーバー ファーストシェービングシリーズ ER-GK20、ER-GM40
[経済産業大臣賞]
https://panasonic.jp/shaver/first_series.html

ファーストシェービングシリーズは、思春期にさしかかった10代の男子をターゲットにしたムダ毛処理のグルーミングアイテムです。
髭や体毛が気になりはじめた中高生のための「ファーストシェービングシリーズ」。今までなかった肌にやさしい機能とソフトなシルエット、アクティブな色が特徴のファーストボディトリマー&フェイスシェーバーで、かんたんにやさしく、体毛、眉毛、髭の全身グルーミングが可能。中高生がより前向きに楽しめるグルーミングツールです。
この商品がなぜ受賞したのか?と、ちょっと疑問に思えますよね。
その受賞理由は、ジェンダーレス時代を考慮した審査基準にあったようです。

【受賞理由】
安全・安心部門では少し異質な提案に見えるかもしれない。女性の身だしなみ製品は豊富だが、十代前半の若い男子も髭や体毛が気になってくる時期があり、安全カミソリや大人向けの髭剃りでこっそり処理し、肌を傷つけることもあった。本製品はこうした点に着目し刃が直接肌に触れず、先端がとがっていない構造で安全性を高めた。ジェンダーレスの時代において、男子向けのこうした分野開拓への開発姿勢も含めて評価した。プロダクトとしてデザイン性も非常に高く、使い勝手の良さや安全性も高いレベルにある。

【キッズデザイン賞について】
特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会が主催する、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「子どもたちを産み育てやすいデザイン」「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」というキッズデザインミッションを実現し、普及するための顕彰制度のこと。2007年に創設されました。

・キッズデザイン協議会ホームページ
http://www.kidsdesign.jp/

<関連情報>
・パナソニック デザイン
https://panasonic.co.jp/design/
・パナソニック ユニバーサルデザインの取り組み
https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ud.html

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。